電車で春熙路(シュンキロ)へ出かけてみた

こんにちはsaiです。

電車で出かけて見ました。最寄り駅は百草路(ヒャクソウロ)駅になりますが切符は1回きりの切符とカードにチャージするタイプがある。日本で言えばスイカのような物だ。自販機で35元でカードを購入しこれに100元チャージしました。今後はこれで何回も乗れます。

また中国は駅を利用する場合、セキリティチェックが入り空港同様手荷物検査があります。ペットボトルなども対象です。持ち込み禁止ではないですが液体検査されます。テロ対策でやっているので安心して利用できると思っていいでしょう。

 

今日の行き先は春熙路(シュンキロ)です。成都一の繁華街と言われていて日本メーカなら伊勢丹やイトーヨーカドーから元気寿司、和幸などなどほとんど揃っています。

地図で言えば成都のほぼ中央の場所に位置します。電車で35分の場所で人も多いです。私が宿泊している場所から駅にして13駅になります。今日の電車も混んでいますが日曜日はもっと混雑するとのことでちょっと出かけるのには覚悟がいります。




春熙路(シュンキロ)に到着致しました。広場ではいろんなイベントを行っていました。ここはPICC(中国人民保険集団控股有限公司)のブースらしきところです。防災ヘリコプターが展示されていました。

 

伊勢丹などもあります。

 

ここはユニクロの前です。おや・・何やら壁に・・




パンダが壁にヘバリ付いています。

パンダと言えば成都はパンダが有名です。近くに飼育しているパークがあります。ただ今は暑さのあまり外に出していないと聞きます。パンダも暑さには弱いので、もう少し涼しくなってから見に行きたいと思います。

 

中国民主革命的先行者の銅像 孙中山(1866年11月12日~1925年3月12日)




地下へは各種食料品や食堂が並んでいた。ここでお昼を食べました。食べたのはいいのだが注文した写真と違うのが出てきたなどは日常茶飯事だ。こんな感じのが多い。その話は次回つぶやいて見ます。中国の食事は意外に日本人の口に合うと思います。多少香辛料が鼻に来ますが、食べやすくて美味いです。

皆さんも中国の食事を楽しんでみて下さい。



このページの上に移動

1 Trackback / Pingback

  1. 再び春熙路(シュンキロ)へ – 自由な旅人

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください