JA係長 1億円の着服が判明

こんにちはsaiです。

千葉県松戸市にある、JA女性課長が1億円の着服をしていたことが内部調査で判明したとのことだ。毎回であるがJAのこの手の着服は毎回起っており、まったく改善・予防策がとられていない。あきれるばかりです。

ニュース内容:千葉県松戸市にある、JAとうかつ中央の支店で50代の女性係長がおよそ1億円を着服していたことがJAの内部調査でわかった。女性係長は着服を認めているという。

JAとうかつ中央によると、松戸南支店に勤務する50代の女性係長が、去年7月からの1年間ほどで、金庫から現金およそ1億円を着服していたことが、今月18日に行った内部監査でわかったという。(Nippon News Network(NNN))




私の中学時代の同級生ですが、一応いいところと言うべきか公務員として職に付くことが出来たが、お兄さんがJA勤めでそこで着服してしまい。弟は公務員であることからその職場に居づくなり、辞めてしまった。その後何処へ行ってしまったのか誰もわからない。バカなお兄さんがしでかしたことでその友人も結果的に安定した職を失った。

確かに不正(着服)をするやつは悪いが、その対策を未だ対策すら出来ないJAの責任も重大だと私は思います。お金を管理する人を一人にさせるからこのようになるのであって、必ず2名体制にすればなんら問題は無い。金の流れを1年もほおっておくこと自体考えられない。




私が以前勤めっていた会社ですが、管理職の立場上確認印を押していた。事務員が毎月口座残高をほぼ全部本社に振り込んでいた。金額だって大きい。そしてまた本社から必要経費+α振り込まれていました。なんでこんな面倒なことを繰り返してるんだと思っていたがこれも不正対策なのだろうと後日分かりました。売上・諸経費毎月本社報告です。年次決算報告を毎月やっている様なものですから馬鹿げてます。面倒オンパレードです。面倒でもそれくらいしないと駄目なのでしょう。

1回着服したらその後何回も小額で繰り返します。着服してしまう人はそう言うものです。

あ~着服と言えば思い出す。近所にも会計を担当していた方が自治会費を数十回に分けて引き出しパチンコや生活費に当ててた輩がいました。会計報告時の総会に欠席し引継ぎも出来ず、着服の事実が判明。残高8円だったことには思わず笑ってしまった。

※着服:人に知れないように盗んで(不正な手段を使って)、自分の物にすること。立派な犯罪です。

私が会計を8円残高で引き継ぎました。当然これからの自治会行事も支払いも金が無いので出来ない始末。再三の返金催促もむなしく開き直ってくる始末。挙句の果てに着服したのは私のせいだと言い張る始末。訳がわからない。8円女には呆れるばかり。以前無保険車で事故った相手だ。この方のやることが私には理解出来ない。

自分が犯罪を犯したことを何とも思っていない。原因を他人に転嫁するばかり。これにはなすすべなし。




自治会側は訴えを起こすべき弁護士とも相談したが費用がかかることから一旦保留にはなった。それだけでは無い、住人の心優しい配慮があったからこそ告訴を留まったのです。一時は告訴方向でしたからね。今はアホらしくて笑いがでる。最終的に相手も借金に走りまわったのだろう。着服した金額は全て返却してもらった。本人も望んでいた事もあり自治から脱退してしまった。今も悪びれたそぶりも無い。未だに心からの謝罪の言葉も無い。まったく大した悪女です。8円女には呆れるばかりです。

だけどきっと彼女も本当は仲良くしたいのです。と思いたい。

少しでもいいから面倒は起こさず、私達自治会の方と仲良くやって行きましょう。

 



このページの上に移動

1 Trackback / Pingback

  1. ザッツ事故る – 自由な旅人

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください