大地震が起こったら?

こんにちはsaiです。東日本大震災はまだ記憶に新しい。今の情報化のおかげでネットでは当時の大きな揺れや地震後の津波の映像まで見れる事から悲惨さが情報として入って来て目に刻み込まれた。

 

今後の災害として大きいのが30年以内に大地震が起こるとされている南海トラフ地震。30年以内と言っても明日かも知れないし10年後20年後かもしれない。でも確実に80%以上と確率も高くなってきており死者30万人以上と予測されています。それに備えた準備はしなくてはならない事は確かです。

 

南海トラフ巨大大地震が起これば範囲も広く南は宮崎県から北は静岡県ほどの領域になります。東日本大震災規模ではない。今のままでは日本の機能が麻痺する事は避けられないだろう。それでも早急に手を打っておかなければならない。どれだけ準備を行って行けるかがカギで災害は避けられないがどれだけの人を救えるかがかかっている。

 

 

避難先だって大問題です。避難先自体無いに等しいかも知れない。広範囲になれば何処も被災地だ。一次災害で生き残ったなら一定期間(1週間生き延びる)は自力で過ごせるだけのサバイバル技術は必要になる事が予想されます。最低の保存食は勿論だが当面の生活に足りうる準備も必要です。

 

 

  

確実に起こるか分からない事への備えだから準備も大変だが来た時に備えておくことは今は特に大事だと思います。私も東日本大震災を経験して大いに感じます。そのせいもあり災害後は非常食等も購入したり準備はしたもののあれから数年が経ち今では期限切れの食料になっておりその後が続かない。時間が経つと当時の災害が薄れて行ってしまう。これではいけないと思いながらまた再度一定の保存食も準備をしないと思っています。

 

未来を失敗しないために当時の苦悩をいつまでも忘れちゃいけませんよね。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1249 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください