経済下降じわり

こんにちはsaiです。先日15日文在寅大統領は、ここ天安に記念式典のためにやって来た。その日は天安市全体で大雨だった日だ。そんな雨には関係なく大勢の人が集まったのです。

そう、この日は韓国にとって大事な日なのです。日本による植民地支配からの解放を記念する「光復節」を迎えたのです。

場所は天安駅から車で15分ほどの場所にある「独立記念館(독립기념관)」にて記念式典が行われました。やはり注目すべきは文在寅大統領の演説でしょう。一体彼は日本に対してどのような強い口調で語るか強い関心事項でした。

しかし、文在寅大統領の口からは強い口調どころか日本への攻撃的言葉は出なかったのです。それは今の韓国国内事情から察し当然かもしれません。今や国内は経済低迷で悲鳴をあげている状態です。

 

 

今日のニュースでもあった事だが、14日に韓国の二大航空会社である大韓航空とアシアナ航空の4-6月期実績が発表されました。両社とも業界の予想を大きく下回る1000億ウォン(約88億円)台の営業赤字だったのです。その他6社の航空会社も全て赤字だったのです。航空会社全滅です。

赤字にはいろんな要素がありますが、最低賃金引き上げやウォン安で赤字拡大も大きな原因の要素です。

更なる悲劇は、ちょうど日韓関係悪化が始まって日本旅行をボイコットしたりしたのが7月です。日本からの観光客も50%減となったのもこの時期です。それらを考えれは7-9月期実績はどうなってしまうのでしょう。数字が恐ろしい貞子に変わるでしょう。

 

 

文在寅大統領はこれ以上日本とケンカをしたくないのが本音と見えます。ウォン安が止まらない状況でこのまま行けば海外投資家たちは危やぶいウォンを一気に手放します。強いては破たんです。ウォンを安定させるには日本やアメリカがバックにつかなければなりません。いわえる強い国際通貨円の「通貨スワップ」しかないのです。しかし大見えを切って「日韓通貨スワップ」の更新は必要ないと言ったのだから韓国が今さら再更新したいなど言わないだろう。いや言って欲しくない。

 

追記:上記にある「独立記念館」は歴史記念館として建てられたが徴兵制のある軍人を必ず拝観させたり、いかに日本人が野蛮だったかを子どもの内から見せる事で更なる反日感情をあおる場所でもある。決して矯めになる館ではない。度が過ぎるとも思われる。これでは子どもたちから反日感情が芽生え決して日本人に対し良い感情は芽生えない。憎が増すだけ。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1240 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください