「あいちトリエンナーレ2019」の企画展

こんにちはsaiです。今月一日から開催されていました国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展ですがここに「少女像」が展示されている。

 

日韓関係悪化のピークである今の時期にあえて何故展示するのか。韓国側は「少女像」は平和を象徴すると言っているがどこが平和だろうか。日本を煽り立てている一つのツールでしかない。「少女像」を利用し反日教育に利用しているアイテムではないか。全く日本にとって平和でもなく日本人の心を悪くしている。これが平和とよべるだろうか。

 

 

8/2に「名古屋美術館」をToで「あいちトリエンナーレ実行委員会事務局」にccとして問い合わせメールを送った。何故今この時期に国民感情を逆なでしてまで何展示されているのかと問いてみた。

芸術は自由であるべきことは心得ているが果たして今回の「少女像」は自由と言えるだろうか。自由なら何でもして良いのかとなる。韓国人にとっては無くてはならない反日教育のツールだが、日本人にとっては平和でも何でもない。ただ反日教育に使わわれるだけのツールでしかない。平和は言えない争いごとの証でしかないのです。国民の税金を使ってまで展示する必要性があるだろうか。

 

問い合わせを出しても返事はきっと来ないでしょう。ところで驚いたことに8/3には「あいちトリエンナーレ2019」は中止の発表が出ました。相当数の苦情などが出たのでしょう。当然と言えば当然です。

 

今後の日韓関係悪化は避けて通れません。文政権の暴走も本人は止めることはしないでしょう。止めれば自身の首を絞める事になります。文政権はイノシシと同じで良い悪い関係なく進むしかないのです。もう常識が通じない文政権には韓国国内で国民が引きずり下ろすしかないのです。日韓関係改善は文政権が崩壊するのを待つしかありません。韓国国民は徐々に文政権失敗は解って来ています。文政権に反対する人間も増えています。

 

日本は正々堂々と経済報復を伝えた上、実行するべきです。生半可に対応しても韓国は変わりません。韓国を潰そうという事ではありませんが長引けば双方の経済に大きな損失が出ます。特に韓国は日本の比ではありません。潰しかねませんので早めに大きいダメージを与え、文政権を引きずり下ろすしかないのです。あと3年など待っていたら韓国は修復できない位傾いてしまいます。それだけは避けなければなりません。

今日韓関係が悪いのは確かですがほとんど感情的になっているだけです。正直韓国人だって悪い人は少ないはずです。本当に悪いのは一部の政治家と一部の一般の大人なのです。それらに惑わされ若者が反日教育に染まるのです。だから韓国人=悪いとは言えません。

 

 

最後に繰り返しますが日本はまだ正式に経済制裁を実行していません。早めに実行し徹底的に短期間で行った方が賢明です。韓国は日本に対して打撃を与えるカードがありません。日本は沢山持っています。それを使って制裁を実行し追い詰め、韓国国民が文政権を引きずり下ろす。その後また手を結べはいいのです。いい方は悪いし汚いやり口に見えるが常識が通じない相手には、もう他の対応策が無いのです。長い目で対応する時間もありません。長引けば日韓にとって経済的打撃が大きくなります。それだけは避けたいです。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1295 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください