PASS付ページを作る

こんにちはsaiです。プライベートなページを作りたい場合に必要な方法をご紹介致します。結構強烈なセキリティです。

 

1..htaccessを作成致します。

1-1)新規txtファイルを用意します。そのtxtファイルに下記の.htaccessへの記述例を起債致します。

.htaccessへの記述例

AuthUserFile /ここにあなたのフルパスを記載致します/.htpasswd
AuthName “Please enter your ID and password“        ← ※1
AuthType Basic
require valid-user

 

※1:太字の文字は何でも良い。ベーシック認証時のポップアップに表示させる文字になります。

1-2)作成したtxtファイルを名前を付けて保存致します。名前は.htaccessです。

 

2..htpasswdを作成致します。

2-1)新規txtファイルを用意します。そのtxtファイルに下記の.htpasswdへの記述例を起債致します。

.htpasswdへの記述例

AuthType Basic
AuthName “Please enter your ID and password”
AuthUserFile /ここにあなたのフルパスを記載致します/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
△△△△:〇〇〇〇       ← ※2

 

※2:.htpasswd生成 Apacheでベーシック認証をする際に必要です。(.htpasswdファイル用にパスワードを暗号化します。その暗号化した値を〇〇〇〇に記載致します。△△△△はユーザ名になります。そのままのアルファベットを起債して下さい。)

サンプル例:ユーザ名:test  パスワードはtestです。暗号化され「ttXydORJt50wQ」になってます。

test:ttXydORJt50wQ

2-2)作成したtxtファイルを名前を付けて保存致します。名前は.htpasswdです。

 

3.作成したファイルをアップロードする。

3-1)ファイルマネジャー等を使って作成した.htaccessと.htpasswdをフォルダー内にアップロード致します。アップロードするためのソフトは特に指定はありません。FFFTP等のフリーソフトを使っても大丈夫です。

 

私のサンプルはsaiと言うフォルダーを作ってその中に.htaccessと.htpasswd及びtest.htmlを入れました。test.htmlはアクセスするファイルです。

 

3-2)アクセスする。

ではtest.htmlにアクセスして見ましょう。

Windowsセキリティポップアップが開きますので下記のユーザー名とパスワードを入力して下さい。

ユーザー名:test
パスワード:test

サンプル表示はこちらから「テスト表示」をクリックして下さい。(別ウィンドウで開きます。)

 

「PASS付き部屋へアクセス成功」のページが出れば成功です。このように制限付きのちょっとセキリティの高いページを作ることが可能です。一度アクセスすれば2回目からは一定時間ならすぐ開きます。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1264 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください