ネグレット(育児放棄)で2歳児死亡

こんにちはsaiです。また出てしまいました。6月末ごろ、ネグレットで2歳11か月の娘、陽璃ちゃんを数日間放置し死亡させた疑いがあります。

保護責任者遺棄致死の疑いで送検されたのは、仙台市青葉区台原3丁目の飲食店従業員・土屋りさ容疑者(25)です。

 

母親がコンビニの海苔巻き1本を置いて数日間放置(3日間以上)しました。その結果2歳児は亡くなってしまいました。直接的な死因は低体温症との事でした亡くなった前日2日間は16℃まで気温が低下したのでそれが原因かも知れません。またお腹には何も入っていませんでした。

 

人間は一番つらいのは空腹で死ぬ(餓死)事です。どんなにお腹が空いていたことか、どんなに寒かったことかその子の事を考えるだけで辛いです。

 

母親は育児に疲れ一人になりたかったと言っています。なんとも無責任な母親でしょうか。こんなにも小さい子どもは何も出来ません。二人暮らしのためその子には母親しか守ってくれる人はいません。その母親に見捨てられれば生きては行けません。

育児放棄=死亡につながるため決して許せることではありません。どんな理由があろうと親の責任です。今まで何度か市にも相談出来たはずで、母親の方から逃げ回っていたのだからいつかは事件が起こるのは解ってたはず、だから許せない。

育児放棄になる前に誰かに相談はできなかったのだろうか。育児ノイローゼや悩みは誰にもある事です。母親は初めての育児なのだからプロではありません。分からない事があって当たり前。そして子育てに正解などありません。皆思考錯誤で育てています。昔は近くにじいちゃんばあちゃんがいて悩んだらすぐ聞けた。今はきっと気軽に相談相手が居ないことも事件の一因でしょう。

親でも友人でもいいから相談相手がいなかったのか、この母親は子どもから離れたかったと言っていたがだったら誰かに預けて離れればよかったのにと思うけど・・。それも出来ないほどノイローゼだったのか。しかし、母親のとった道は常識を逸脱した道だった。

 

 

仙台市役所

 

陽璃ちゃんは、8ヵ月から9ヵ月と1歳半、2歳半の乳幼児健診を受けていない事から仙台市はもう少し何とか出来なかったのかそこも疑問に思う。いつも事件が起きるのは乳幼児健診に来ない輩が多い。それは後ろめたいから来ないのがほとんどです。市は、来ないなら不審に思ってもいいはずです。だからそこが甘いと言われても仕方がありません。仙台市はもっとやるべきことをやって欲しい。

このような悲惨が事件はいつになったらなくなるのだろうか。悲しい事件でもあり怒りのある事件でした。

 






このページの上に移動

About tabinin 1344 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください