韓国側は委員を選任せず、期限を迎える

 

 

こんにちはsaiです。日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐり、日本政府が日韓請求権協定に基づき要請した仲裁委員の任命手続きは期限の18日を迎えました。

期限を迎えたことから今後は日韓以外の第三国の仲裁委員会に解決が委ねられます。増々日韓関係の亀裂が広がって行きます。

 

 

これによって今月大阪で開催されるG20 20カ国首脳会議に合わせた日韓首脳会談は絶望的となりました。もう韓国は亀裂を修正しようとも思わないのでしょうね。

想定内の進捗状況ですが仕方がないですね。今後の日韓の亀裂を見守りましょう。






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください