文大統領がG20後安倍晋三首相と会談希望

G20開催場所:大阪国際見本市会場(インテックス大阪)

 

 

こんにちはsaiです。文大統領は先月9日にKBSの特集対談番組に出演し、来月に大阪で開かれる20カ国・地域(※G20)首脳会議に出席するとして、「安倍晋三首相と会談できれば良いことだと思う」と述べたとソウル聯合ニュースが伝えている。

※G20サミットとは、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ共和国、ロシア、サウジアラビア、トルコ、英国、米国の19ヶ国に加え、欧州連合(EU)の首脳が参加して毎年開催される国際会議です。(2019年6月28日(金曜日)、29日(土曜日)の2日間で大阪サミットを開催)

 


G20開催場所:大阪国際見本市会場(インテックス大阪)
(大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

 

文大統領は冷え込んでいる日本との関係について、「韓日関係は非常に重要で、今後、一層未来志向に発展していくべきだと思う」と言及。ただ、「過去の歴史問題がときに両国関係の発展を妨げているが、決して韓国政府がつくり出している問題ではない」とし、「過去に存在した不幸な過去があり、韓日(請求権)協定は締結されたが人権意識が高まり、少しずつ傷が表に出ている」と指摘した。

その上で、「日本の政治指導者たちが過去の歴史を国内政治問題として扱い、両国の未来志向の発展の足を引っ張っている」として、「この問題のため、未来志向の協力関係が損なわれないよう、両国政府が知恵を集める必要がある」と強調した。(ソウル聯合ニュース)

 

 

日韓関係の悪化は明らかに韓国政府の対応にある。先の朴政権時代の慰安婦問題に始まり当時政府が無視続けた結果である。国内問題であり国内で解決すべきだった。これが発端だし、徴用工問題も日韓請求権協定違反だと当然ながら日本側は主張している。このままズルズル行けば、日本は韓国を信じられず、韓国への投資や企業進出に二の足を踏む企業が出て来るでしょう。いや既に出ているでしょう。これがに日本側の表れです。

文大統領がG20後に安倍晋三首相と会談希望されているようですが、今の現状ではまず無理。会談を行っても何の解決にもならないし時間の無駄です。まずは決められた約束は守ってこそ、その上での会談でしょう。私はそう思います。

正直今の文政権は大丈夫なのだろうか。日韓関係悪化もそうだが、経済落ち込みに対しても対応が出来ていないし、韓国国民に対して真剣に考えているのだろうか。私から見れば北第一主義で自国民や周り(世界)が見えていないように感じるのは気のせいでしょうか。

 






このページの上に移動

旅は楽しい

tabinin
About tabinin 1240 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください