日本の恥さらしカンボジアで殺人容疑で逮捕

こんにちはsaiです。カンボジアのシェムリアップ近郊で3月17日、タクシー運転手を殺害して車を奪ったとして逮捕された中茎竜二容疑者(23)と石田礼門容疑者(23)の事をご存じだろうか。

両容疑者は殺すつもりはなかったと言っている。しかし運転手をナイフで刺したとみられる中茎容疑者は殺意を否定している。否認しているにも関わらず、遺体には複数の刺し傷があったことが分かっていて、当局は慎重に捜査を進めています。

 

 

両容疑者は16日、タイ国境にあるカンボジア西部ポイペトから入国し17日にタクシーに乗車。タイで強盗しようと思ったが駄目だったためにカンボジアに来てシェムリアップの町から約18キロ離れたプーク地区の村で犯行に及んだようです。

殺害された方はタクシー運転手のシェムリアップに住んでいた4人の父親でした。遺された家族は、38歳の奥さんと、19歳、14歳、8歳、4歳の4人の子供たちです。

 

 

犯人は車を盗んだ後、犯行を目撃されたか何かで焦って逃走した結果、米を運んでいるトラクターと衝突事故を起こし停止しました。そこで村人により取り抑えられました。

 

 

福島県出身、中茎竜二容疑者

 

 

千葉県出身、石田礼門容疑者

両容疑者のパスポートはネットやニュースにぼかしなしでアップされています。関係のない親や兄弟親族に免じて私は、ぼかし入れました。親はやりきれんだろうこんなバカな子どもをもって・・。

 

 

 

犯人を捕まえた時、はじめは日本のパスポートを見ても日本人ではないと信じていたそうです。日本人はそんなことはしないと・・日本人はカンボジア人にとって親日でありとても日本人がこのような犯罪を犯すとは思ってもいなかったそうです。このような話を聞くと泣けてきます。それをこの二人は海外でタクシー運転手の車を奪っただけではなく、首を切って殺害したのです。遺体には複数の刺し傷があったことからいかに残虐だったか想像出来ます。

 

 

カンボジア法では、有罪判決を受けた容疑者は15年~30年の刑期が待っているようです。

 

今回の事件で心を痛めた日本人は多くいたでしょう。そこでこの遺された家族を助けるために有志による募金が立ち上がったそうです。初めは身近な方で始まったがその後ネットで拡散し大きくなっていったそうです。今ではその高額な募金をどうように遺族へ渡すか思案中との事です。お金はあっても殺害されたお父さんは帰って来ません。それを考えると馬鹿な日本人がしでかした犯行をとても許せません。一生カンボジアでシャバに出ることなく償ってほしいと願うばかりです。もう日本には戻ってくるな。

もうひと月前の事件ですがなんとも悲惨な事件でした。カンボジアに住んでいる多くの日本人に対しても裏切り行為だし、特に親日関係であったカンボジア人の信頼を裏切った。

 

 

2019/10/3追記:被告の日本人2人に禁錮刑

元自衛官の中茎竜二被告(24)に禁錮13年、石田礼門被告(23)に禁錮10年が言い渡されました。余りにも刑が軽過ぎると思うのは私だけでしょうか。

 

 



このページの上に移動
tabinin
About tabinin 1344 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください