自動車の自動運転は渋滞の元

こんにちはsaiです。ここ急速に自動運転技術が飛躍的に進歩しています。近い将来、いや来年かも知れない。バスやタクシー・飛行機、企業間の輸送など多くの自動運転が導入されていくでしょう。まだまだ課題も多く残されていますが進歩し続けて行く先を早く見たいと楽しみにしています。

でも果たして各種センサーだけで対応出来ていくものか疑問も残ります。所詮機械です。突発的なことには限界もあり必ず事故は起こります。もしもの時誰がその責を負うのでしょうか。あたかも軽い事故でコンピューターに異常をきたし逆に暴走を起こす可能性も否定出来ません。まあこんなことばかり考えていたら先には進めませんよね。大いに技術の進歩を期待します。車は安全第一です。

 

 

私は安全第一だからこそ懸念事項もあります。それは世の中に自動運転が増えたら道は今以上に渋滞はしないだろうか。自動運転が空いている状況を判断して決められた道以外を走ると思うがそれでもゆっくりでしょう。安全場所はそれなりにスピードもアップすると思うがそれでも自動運転は気分で走るはずもなく。人間は安全に応じてスピードを出すし無茶もする決して安全とは言い切れないがそれなりに判断して運転している。人間により早く目的地に運べるかは別として機械が判断すること自体信用ならない。

 

人間が対策を講じなくてはならないことは機械は必ず何かをきっかけに暴走を起こします。それといかに自動にストップさせられるかです。意図しないことが起こるのが事故です。例えば機器に過電流がかかっておかしくなる。湿度で狂う。又は雷によって壊れ暴走。例をとれば限が無いが対策は必要です。異常をきたせばすぐストップする仕組みが必要。「もうしっかり対策済ですよ」なんて事なら別ですがそんなことを思った次第です。

 






このページの上に移動
tabinin
About tabinin 1333 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください