メーカからのリコール連絡

こんにちはsaiです。先日嫁さんの車(スズキ)のリコール連絡の封筒が届きました。今回3箇所分です。早目に受けようと思い次の日電話したら部品はあるとのことで次の日を予約を入れました。

 

 

そして本日交換作業のためディラーに来ています。毎回思うのだがリーコールは嫌なイメージがあると思うが私はそうは思わない。機械たる物不具合があって当たり前。必ずあると思う。逆にまったく無い方が胡散臭い。隠していると思ってしまう。これらの原因は部品の消耗だったり取り付け不良だったりといろいろ原因は考えられるが人間がやることなのであってもおかしくない。機械が作業しても出てくる。公開してもらって不具合を直した方が私は安心です。

自分でバイクなどメンテナンスやいじったりもするが分解後取り付けが分からなくなり適当につけることも多々ある。個人責任だから許されることです。結果動作や安全に問題ないことが多い。

メーカの場合はそうは行かないだろう。決められた通りに取り付けされてなければそれだけでもリーコール対象品となりうる事案です。当然予想よりはるかに消耗されたり可能性があればリコール対象です。それだけ安全には厳しいです。だから私はリコールがあるたびちゃんとメーカが品質や安全を重視しているとなと思っている。

リコールがあっても不安になることは無い。悪い箇所の部品を交換すれば済むこと。皆さんはどう思いますか。

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください