家系図作成してみて見えてきた

こんにちはsaiです。我が家の家系図を作成して早15年が経つ今だ完成に至ってないが毎回更新している。始めは自分の身内から親戚までよく理解していないのが現状でこのままではいかんと思い親父と一緒に作成を始めた。調べていくうちまとめないといけないのだがいっそのこといつでも見れるようにhtmlで作成しました。セキリティ面も検索されないように検索には引っかからないようにしたり「.htaccess」によるアクセス制限は勿論だが細心の注意は払っている。元々web作成を趣味としていたこともありそこから仕事でもweb作成を行っていた。さほど難しくも無い。始まったのが20年くらい前だろうか・・当時はまだネットの世界も日が浅い頃だった。今じゃ当たり前のネット環境だが当時は何もかもが新鮮だった。

 

家系図も日々変化がある毎に更新しております。人が亡くなった場合はその都度更新しています。

 

写真が入手できれば顔写真つきで人物が見れるようにしてます。全ページに年齢自動表示も取付ており(javascript)これが意外に便利です。現在の年齢を自動に出るので楽でいいです。ここまで途中ですがさすがに膨大な量になります。我が家は本家から分家して新宅になっています。5代目ですがそれでも160年以上分の量です。ありとあらえる情報があれば記載し追加していますがこれは終ることはないでしょう。永遠に完成は無いということでしょう。

作成したおかげで親戚の名前など分かることが多くなりました。よくどこどこのおばあちゃんが亡くなったと聞ききますがどこの人?とチンプンかんぷんですからね。今では分かるようになって来ました。便利なツールとなってます。

今懸念しているのは我が家が新宅となった前の世代やら兄弟又は顔写真が手に入らないことです。これは役場等で戸籍謄本なり取り寄せることも出来ません。今じゃ個人情報保護の観点から駄目なようです。一切開示してくれません。まったくやり難い世の中になったものです。

先祖の名前程度は聞き出せるかも知れませんが生年月日やら兄弟やら知る由がたたれてます。個人では限界に来ているのでしょう。

嫁側の本家も記載しておりそこは1735年頃(年号:元文)までの過去が分かっておりリンク貼ってます。凄い古いのでさすがに写真すらありません。

調べていて面白いのは意外に先祖の方は地域が狭いこともあり何かしら繋がっている事実があります。昔は親戚同士の結婚だって珍しくありません。近い人同士の結婚も多いです。親が見合いを持って来て一緒になったなんてことは普通のことだったのでしょう。

調べてまだ15年ほどですが今後も更新作業が続くでしょう。忘れずに作業を続けて行こうと思っています。とても紙には書ききれませんがhtmlなら無限大でページ数を増やせて行けます。

 

 

皆さんは自分の家系図わかりますか

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください