選挙公約の重要性

こんにちはsaiです。

アメリカ大統領
トランプ大統領は今までの大統領とは大分違った部類の方である。世界中をかき回しているイメージが大きい。アメリカ第一を主張し他国よりまずはアメリカだと言っている。実際その方向へと進んでいる。ここまでいのししの如く突進して行く姿はある意味立派だ。もう他国などに遠慮は無しと言った感じです。

 

 

メキシコ国境の壁建設問題
トランプ大統領はメキシコ国境に壁を作ろうとしている。これはいろんな問題を絡んでいる。不法移民・児童売買や性的虐待・不法麻薬等これらを防ぐための壁建設だ。トランプ大統領にしたら大統領選挙での公約でもあり約束通り守ろうとしているだけで何ら問題は無い。初めから分かっていた事で約束を守っているだけです。

 

そもそもトランプを推している大統領選挙人を国民が選んだことでトランプ大統領が誕生したわけだ。トランプ氏は当初から壁を作ることを公約に掲げておりそして大統領選挙人にとって選ばれ大統領になりました。間違いなく国民が選んだ大統領です。トランプ大統領は約束を守ろうとしているだけです。

 

私は壁を作ることを推しているわけではなくむしろ反対だ。公約の件を言っているのです。公約は大事な事案です。これを守らない方が問題だ。嘘を言って国民を騙し大統領になったことになる。公約はしっかり守るべき事案と言っておきます。壁が反対なら何故トランプ氏を選んだのかヒラリー・クリントン候補を選ぶべきではないか。

 

日本でもそうだ。選挙公約に掲げていて選んでも簡単に破る当選者も数多くいる。当選したら手のひらを返したように裏切る。これは一種の詐欺と一緒だ。こんなのがまかり通れば公約なんて何の意味もなさない。好き勝手にいいように言えてしまう。守ってこそ公約だ。当選後頑張ってはみたものの公約が果たせない事だってあるのは分かるがそれでも本当に尽力したのか疑問も残る。守れないのなら次の選挙のみ出れないなどペナルティのルールを作ってもいいと思う。これくらいしないと本気を出さないだろうし安易に公約を掲げられないと思います。そうすれば国民だって選びやすいと思います。公約はそれだけ重要な位置づけで候補者を選ぶ大切な目安です。

 






このページの上に移動
About tabinin 1344 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください