徴用工問題この先韓国は何処へ向かうのか

こんにちはsaiです。先日の徴用工判決には確かに驚きました。何故ならありえない判決が出たからです。馬鹿げた判決で今後どれだけ尾を引いていくか韓国政府は承知しているのだろうか。

私も個人的ではあるが韓国に1年以上住んでいましたがここまでひどい国とは思いたくない。本来は隣国仲良ししてなんぼだ。当然仲良しが当たり前。

 

でもバカな判決でいっぺんする。何を考えているのか理解出来かねる。その後も韓国側の発言は「両国で知恵を絞って。未来志向で。」とふざけたことをぬけぬけと言っている。こうもあれこれ問題が出てくると呆れるばかりだ。今後国交断絶の文字がチラつきはじめて来た。これは冗談でもなんでもない。マジ危険な状態だと思います。

このまま拗れて行けば日本だって黙ってはいない。国際司法裁判所に提訴しても韓国側が応じるはずも無く最終的に韓国人のピザ発給中止や関税のつり上げなどに波及し最後には間違いなく電子部品の輸出停止などに行くだろう。韓国は電子分野で広く知られているが部品は日本製がほとんどです。その購入先を絶たれたら韓国側の打撃は大きいでしょう。これは韓国だけでなく日本だって輸出国として大打撃です。両国にとって良いことは無い。

しかしこれもやむ終えない。それだけ大きい問題だってことです。これを韓国側はどれだけの事として捉えているのだろう。日本には何でもしていいと考えているのなら後で後悔するでしょう。いや一度日本側も行動を起こさないといけない時期に来ているはずです。

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください