障害者雇用水増し問題

こんにちはsaiです。

先ほどもニュースでやっていたが、障害者雇用水増し問題は皆さんもご存知だろう。指導すべき立場の人間が自ら不正を働いていた問題です。法律で決めていた2.0%の目標を達成するため適当に健常者を障碍者と偽り3700人もの水増しを行いクリヤーしていたのだ。犯罪者と同じではないか。

この問題一番の問題は誰も責任を負わずに終わることだ。不正が徐々に明らかになって話はこれで終了してしまうのがいつものパターンです。誰もクビにはならず、「何が悪い」と言わんばかりで開き直って終わる。何故官僚はいつも守られているのか。

以前年金問題があったことを覚えていますか。あれも当時年金を集めた金を一部の人間が使い放題使ってしまったことがある。遊行費としてあぶく銭ごとく使ったのだ。その後徐々に年金問題は大きくなり世間も気にするようになって来ました。当時は集めに集めた莫大なお金をまさか必要になるとは感じなかったのか分からないが一部の人間が使ってしまったのは確かだし。一人だけではないはずだ。その責任として誰かクビになった官僚は居ましたか?クビや逮捕された人が出たとは聞いたことが無い。一部ネット上にあるがそれだけでしょうか。他に多数あるでしょう。横領事件、影で逮捕者が出たのでしょうかね。一部にスポットが当たりすぎて濁されている気がします。

いずれにせよ、今回の水増し事件もちゃんと不正したなら各省ごと実行犯を出して責任を取らせるべきである。

 

眼鏡などで視力矯正した方、あなたあなたは障害者扱いです。




鬱病の方あなたも障害者ですって。

 

え~い、面倒だあなたは死んだが障害者にしちゃえ。あなたは退職したけど障害者にカウントしておきま~す。

 

日本を指導して行く立場が自ら不正を犯しているにも関わらず何も責任を負わず、民間企業は目標の数字に達するように障害者を雇用して来ました。目標の雇用が出来なければペナルティが待っている。馬鹿げている。今後は省庁も短期間で4000人を雇用するといっているが難しいだろう。

(中央省庁での障害者の法定雇用率を満たすため、2019年末までに約4千人を新たに採用する目標を掲げる)




これでは誰でもいいから4000人雇用すると言っているようなものです。数合わせをすればいいってものでもない。雇用される側だって向き不向きもある訳だから短期間での雇用は難しい。

 

検証委員会が入っても結局のところ官僚寄りでしょう。やんわり悪意は無い。理解の欠如で終わる。これでは何の解決にもならない。国民が求めるのは不正を犯した事への責任の所在だ。タダでは終わらせない。終わらせたくないのが本音だ。雇用されるべきはずだった本当の障害者が仕事に就けなかったのです。

 

「意図的ではない」とあるが死んだ人間や退職者をカウントしたりしても意図では無いといえるのでしょうか。分かりきっていることを行っても意図的ではないと言い張るところ理解出来ない。これでこの問題御咎め無しで終わりって事ではないでしょうね。

タダでさえなかなか仕事に就けない環境の中、官僚の不正で3700人の健常者が勤めていた訳です。この不正に巻き込まれた障碍者としてカウントされた方はどうなるのだろう。そのまま居続けるのかな、それとも数合わせでクビにされる?又はただ追加人員で4000人?これは有り得ないでしょう。

 




だって更に4000人多く雇用されるんですよ。私は新たに追加で税金払いたくないんだけど・・一般企業ならそんな余剰人員雇用したら200%会社潰れるよ!

今回新たに4000人障害者の雇用は当たり前で賛成です。でも在職している方から4000人削減しないといけませんよ。どうするか見ものです。目が離せません。だって国民許しません。そんなお金ありませんからね。

今日はニュースを見てあまりにも官僚の不甲斐ないさに怒ってしまった。もっとしっかりしろよな。いい学校出かも知れないがやっていることは誰にも誇れない。

 



このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください