相撲に物申す

こんにちはsaiです。

相撲につぶやきたい。

白鵬翔、鶴竜力三郎、稀勢の里寛この三人どうなっているのか横綱としての資質が問われるのではないか。まったく横綱3人全て居ないとは大問題だ。

横綱は常に出場し続け、勝ちこさなければならない。8勝だ。だが、勝ち越しが見込めないと怪我だ、病気だと休場する。これは逃げているのと同じではないか。

横綱たるもの一つくらいの休場ならまだ許せるが、ここまで休場したのなら横綱降格でしょう。又は引退でしょう。それくらい横綱は威厳があり、大変な地位だと認識している。それがこのざまこのままでいいのだろうか。




スポーツたるのも怪我はやむおえないところがあるが相撲は勝ち続けなければならない試練がある。これが相撲だ。それだけ難しいところがあるから歴史があり人気があるのだ。

それが今の不在相撲見てられない。もう辞めてくれ。引退してくれ。そう言う気持ちです。






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください