殺していい動植物、殺して駄目な動植物、違いがありますか

こんにちはsaiです。

古い記事だがオランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネットが猛反発と題しての記事があり興味を持った。

 

ピョンチャン(平昌)オリンピックに出場しているスピードスケートのオランダ代表、ヤン・ブロクハイゼン選手の「韓国は犬を大切にしてください」という発言がきっかけに韓国ではネット上で大騒ぎになったと言うことです。




ブロクハイゼンの発言に対するネット上の反応は賛否両論
■偏見と誤解に基づいた行動。フランスに行って、フランス人にフォアグラを食べるな、とは言わないだろう。フォアグラのために飼育されるアヒルやガチョウは、食用犬よりはるかに多い
■話すことができない犬たちのために発言してくれて、心の底からありがとうと言いたい。たくさんの人があなたを応援しています。ありがとう
(Newsweekより)

第三国からすれば野蛮だなど言いがかりが飛んでくるだろう。この手の内容は扱いが難しい。韓国からすれば長年続いて来た食文化だ。犬を食べるのは中国でもある。ベトナム・ハノイ近郊の市場で販売される犬肉だってある。東南アジアの犬鍋もある。台湾では「香肉」と言われた犬食がある(現在は禁止)

いずれもその国の食文化です。批判するのは簡単だ。日本だってかつて犬を食べていたじゃないか。高齢の老人から聞いた話で昔道路工事は始るとその近辺の赤犬がよく居なくなると聞いた。理由は飼い犬だろうが捕まえて食べちゃうと言う事です。赤犬が美味しいらしい。

戦後なら特にそうだ。食料難で食べるものが無いので何でも食べたと言う事です。今はさすがに日本でも食べる習慣は無くなったがこれもまた現実です。

 

犬は飼い犬でかわいそうと言うのは分かるが食文化がある。かわいそうだから食べないでなんて理由にならない。牛は、羊は、豚は、マグロは、カツオは、さんまは、みんな生きている動物です。植物はどうですか、生き物です殺してます。人間は動物・植物を殺さないと生きていけません。かわいそうだから食べないで・・これって変でしょう。




生き物に違いはありますか、人間は動物を殺して食べています。だから感謝し大事に残さず食べなさい。と家庭や学校で教えられませんでしたか

日本なら鯨を食うのは食文化です。野蛮だと今言われてますね。昔はもういやだって言うくらいあんなに食べたのに、今じゃ鯨の数も多くなっているのに食卓でまだ見れない。変だと思いませんか各国の食文化にイチャモン付けるのは止めてくれ。嫌なら自分が食べなきゃいいだけ。強要するなって言いたい。

犬を食べるのを擁護している訳ではないが、私だってペットで犬を飼っている。さすがに愛犬を見て食べたいと思わないが、犬肉だけををターゲットに言っているのではない。その国の食文化に他国からイチャモン言うのはナンセンスだと言っているのです。何でも根こそぎ捕って食べつくすのは問題だが食文化に対して文句を言われたくない。




今回、スケート選手が言った言葉で大きくなってしまったが悪気は無いと思います。ただその国の食文化を少しでも理解して欲しい。日本だってマグロ殺さないでって言われたらおかしいでしょう。

殺していい動植物、殺して駄目な動植物、違いがありますか。人間は殺して食べないと生きて行けないのです。



このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください