サポートの切れたOS使用での脅威

こんにちはsaiです。

皆さんはマイクロソフトが開発したWindowsをお使いでしょうか今回このOSのお話をしたいと思います。

皆さんはこんな感じで使われて来たと思います。Dos3.1→Windows95→Windows98→WindowsME→WindowsXP→Windows7→Windows8.1→Windows10(現在)

現在主流のWindowsはWindows7が多いのではないでしょうか。中にはまだまだWindows XPも健在です。私は一番XPが使いやすかったですね。ただWindows XPは既にマイクロソフトのサポートは既に終了しておりますので使用は止めた方が無難です。理由は後ほどお話致します。

代表的なOSの種類

■MS-DOS系

1.0→2.0→3.0→3.1→3.11→4.1(95)→4.1(98)→4.9(ME)

2.X→4.1(98SE)




■Windows NT 系

NT3.1→NT3.51→NT5.1(XP)→NT6.0(Vista)→NT6.1(7)→NT6.2(8)→NT10(10)

その他Server系CE系その他もろもろありますが割愛させて頂きます。

現在使用されている主なものがWindows NT 系とされているものでこの中にWindows XP・Windows 7やWindows 10があります。

このような流れでOSが使われて来ました。時代の流れで進化して来ています。また古いものはどんどんマイクロソフト側のサポートも切れて来ています。サポート切れは使用を止めるべきです。サポートが切れた状態で使用を続けると何がいけないのか、それは脅威にさらされるということになります。

Windows のサポート ライフサイクル日程
Windows Vista 延長サポート終了日:既に終了
Windows 7 延長サポート終了日:2020 年 1 月 14 日
Windows 8 延長サポート終了日:対象外でWindows 8.1へ移行を進めている
Windows 8.1 延長サポート終了日:2023 年 1 月 10 日




何故サポート切れが脅威なのか

それはマルウェアへの感染、フィッシング詐欺・なりすまし被害、個人情報漏えい等にさらされます。これがどれだけ危険なことなのか皆さんにはお分かりだと思います。皆さんの家の玄関に鍵をかけずに扉を開けた状態で出かけるようなものです。

これらの脅威から日々システムに不具合が無いか、危険は無いか常にバージョンアップを繰り返し対策して行きます。このマイクロソフトからのサポートが大事であって重要です。Windows 7は延長サポートになり2020 年 1 月 14 日まであります。Windows 7以前の古いOSの使用はNGです。ご注意下さい。

どうしても古いOSを使いたい方はNETから切り離してご使用下さい。それなら問題ありませんね。

古いOSにやっと慣れて来てサポートが切れるっておかしくない?メーカの新しいOSを買わせる戦略じゃねえ。と思いたくなりますが、・・確かにそう思います。

でもこれもPCを使う以上仕方が無い一面もあります。サポートの切れた物を使う方がもっと怖いですからね。今の段階で注意喚起を行ってもあまり効果は無いかも知れませんが実際事故(PC感染)が起こったら企業なら自分だけの問題で終わりません。あなたが使っているPCのデータ全てネット公開されていると思っても過言ではありません。それだけ怖いものです。




メーカ推奨
使いやすく、セキュリティも万全な Windows 10 へ

Windows 10 は、パフォーマンスや使いやすさの面で、Windows 7 から大きく進化しています。
そして何よりも、セキュリティが最新の脅威に対応し、複雑な設定や、追加のソフトウェアのインストール無しで、ご家庭の PC を守ります。セキュリティは、常にアップデイトされ、未知の脅威にも対応します。より快適に PC をご活用いただくためにも、ぜひ最新の Windows 10 への移行をご検討ください。(Microsoftより)



このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください