女子パシュート結束力がオリンピックレコード

【平昌オリンピック】スピードスケート女子の団体追い抜き・決勝において日本がオランダを破り優勝致しました。

決勝で対戦したオランダは3人とも強豪メダリストでした。途中オランダにリードをゆるしましたが最後の2週はすごかった。頑張ってくれました。

 

この競技は2006年トリノ五輪から正式に採用された歴史の浅い種目で日本が、独自に研究しいかにスピード(空気抵抗を小さく)を落とさず、入れ替わる方法を確立しました。




それが先頭を入れ替える時に、後ろに下がりますがあえて他の選手に近づかず(減速を避ける)、あえて外側に大きくコースをとって、距離も多く走ることで減速せず走ることが可能になった。

その結果、最後の2週に逆転しオリンピックレコードで優勝致しました。日本中が大いに湧き上がりました。



 
 

年間300日間練習して来た結果が出たと思われます。チームワークの賜物です。ありがとう!ありがとう!


このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.