SR編エンジン腰上


分解前の外観

 


軽くスポロケ周りの汚れを取ります。

 


腰部分ですがバフがけします。
まだ途中です。ピカピカにします。

 


チェーンが弛みその弾みで傷が入ってます。
※ひどい場合は穴が開く場合があります。
水の浸入の可能性が出ますので早めのチェーン交換を心がけ無くてはなりません。

※アクスルプッシュレバーが入った状態

 




 


※アクスルプッシュレバーを外した状態

 


レバー アクスルプッシュレバー汚れが酷いです。
交換は7000円位するので迷います。
今回はロット部分が当たる場所も深くないので使うことにします。

 


スクリュアジャスティング先端が磨耗してます。これは交換です。

 


別の角度から見た写真

 


新品との比較です。

 


脱線しましたが腰上分解に戻ります。

 


シリンダヘッド分解に入ります。

 


六角ナット数本を外しシリンダヘッド外します。
外す場合きついでのプラスチックハンマーで軽く叩き取り外す。

 


外したばかりの状態。
カムシャフトが見えます。
外すのにはスプロケットカムチェーンのボルトを外す。
カムシャフトを外すのに少しキツイので苦労しました。

 




 


シリンダヘッド内部
ロッカーアームに傷などはなさそうです。

 


スクリュウは傷がありますので交換です。

 


こちらのスクリュウも傷があるので交換です。

 


バルブはには傷がないようなのでこのまま使います。

 


こちらも使えそうです。
バルブは両方とも分解し綺麗に致します。

 


カムチェーンを緩めるためにチェーンテンショナを外します。

 


ナットを緩め取り外します。
※中にバネが入っているので飛び出ないように注意が必要です。

 


カムシャフトを外した際にチェーンを落とさないようにドライバー等で引っ掛けておきます。

 


別の角度から

 


カムシャフトとスプロケットカムチェーン
特に磨耗はありませんでした。

 


シリンダとピストン両方ともすすけてます。

 


バルブが真っ黒です。

 


バルブはいったん外して綺麗にします。
※特殊工具が必要です。

(バルブスプリングコンプレッサー)

 




 


パッキンの残りかすを綺麗にとり除きます。

 


ピストンを拭いたら簡単に汚れが取れました。
そんなにひどくは無いようですが後で洗浄剤できれいにします。
どれくらいきれいになるか楽しみです。

 


外したピストンリングは引っ張ると割れてしまいました。交換ですね・・

 

PR.カーボン洗浄剤 サンエス K-1

 


このページの上に移動

1 Trackback / Pingback

  1. これからの主流は電気自動車(EV)だろうか – 自由な旅人

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください