センサーで部屋を暖める

こんにちはsaiです。

消火栓が設置されている小部屋があるこれは壁がコンクリートで断熱材はない。真冬の時期寒さが一段と厳しくなる時が数回ある。この時室内は氷点下となり細い配管が凍結してしまう。

これを防ぐのに氷点下前に部屋に投光器を照射させ暖める。ライトを照らすだけで結構暖かくなります。オムロンのセンサーを使って即席で作りました。仕組みは簡単です。温度設定した値(氷点下ちょい前)になると電源が入る仕組みだ。これで寒い時だけ部屋を暖めてくれる。センサーってありがたいですね。




参考までに記載(出力10Aまで使えます)






このページの上に移動
tabinin
About tabinin 1339 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください