コロナウィルスよりもインフルエンザの方が脅威

こんにちはsaiです。昨今コロナウイルスが問題になっており約5万5千人が感染し2,000人以上が亡くなっています。今後も増えつつあります。

 

しかし、今欧米ではこれらを超える勢いで猛威を振るっているのがインフルエンザウイルスです。今シーズンの感染者は2600万人、死者は1万4000千人に達しており今尚増えています。感染者の中の25万人が合併症で入院しこれまた増加の一途をたどっています。

 

欧米ではアジア人の様なマスクを付け予防と言う概念がありません。マスクを付けて歩くという事は病人と言う意識があり街中では嫌われます。現に街中をマスクを付けて歩けば逆に嫌がらせを受ける事もあります。そう言う意味もありマスクを付ける習慣が無い事から、一旦インフルエンザウィルスに感染すれば、街中は人から人へと飛沫感染等であっという間に広がってしまいます。

また、インフルエンザウィルスの厄介な事は毎回インフルエンザウィルスが変異するという事です。抵抗力の無い方は残念ながら亡くなってしまう傾向にあり、結果的に1万人以上の死者を出したと思われます。

アジア人の様に欧米でもマスクを使用する事で少なくとも感染を予防出来ると思います。マスクも完全ではありませんが少なくとも手洗いも並行すれば少なからず予防効果は高いはずです。

当分の間は人ごみを避ける事は確かに大事かも知れません。どうしても人ごみに出なくてはならないなら最低でもマスクは必要です。欧米の方今の時期はアジア人に見習いマスク着用した方がいいですよ。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1301 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください