中国のカップ麺を食べてみた

こんにちはsaiです。相変わらず毎日天気が悪いです。10月に入ってからと言うもの快晴な日がありません。毎日曇り又は雨が続いています。気が滅入ってしまいます。

ところで近くのスパーでカップ麺を買って見ました。初めて見るカップ麺を見かけたので食べてみようかと思います。色的には赤くないので辛くないと思い試しに1つ購入しました。

 

 

価格は日清のカップ麺(中国版)は5元でしたが、この「海鮮拉面」は4.3元(66円)です。

 

 

見た目の写真は誇大広告でジャロに指摘を受けそうだ。実際ここまでの内容では全くないが日本のシーフード日清カップヌードルよりは具材はあるイメージです。

 

 

中には粉のスープとドロッとしたみそみたいなスープが入ってました。3分後に入れるようです。

そして特徴なのが折り畳み式フォークが入ってます。箸が無い時は便利ですね。基本どのカップ麺にも入っているようです。

 

 

食べた感じは意外に美味しかったです。日本の日清が中国で出しているカップ麺とほぼ変わりません。これはいいのを見つけました。近いうちに再度購入したいと思います。以前ちっとパッケージの赤い物を購入したらえらい辛かったので最近は慎重です。

 

 

ついでに買ったポテトチップス。3つパックで売っていた物。もう既に半分食べた跡ですが、空けたらポテチが全て割れてました。これって運搬や店内展示等扱いが荒い証拠です。

毎回この有様です。崩れやすいお菓子は丁寧に扱って欲しいものです。あと2つあるがそれも割れているだろうな・・。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1249 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください