長期海外暮らしで感じたこと

こんにちはsaiです。日本を離れ長く海外に暮らしてみて感じたことを記載致します。長く住めば住むほど必ず持つべき物をご紹介致します。

 

まずはお金です。これがあればこと困ることはありません。と言うよりこれは当たり前で必須の必須でですから今回は割愛させて頂きます。安全な国であっても大金を持ち歩くことはお勧め出来ません。お金は少しでいいのです。

そこで挙げるのがまずクレジットカードと電子マネー(ICカード)です。

 

クレジットカード

クレジットカードは何も買い物だけで使うものではない。確かにメインは買いもです。大金を持たずに済み安全で落ち運べます。イザって時に役立ちます。急にお金が無くなったり。旅先で少し高目の買い物がしたい時など便利です。緊急用として持参する。

一番の目的は、買い物以外の使い道として保険です。ケガや入院又は緊急に手術などになった場合、莫大なお金がかかります。日本で支払う金額などではなく数十万又は数百万円かかる場合があります。保険に入っていないと支払いが難しいです。それらをカバーするために海外旅行傷害保険に入るのです。

新たに保険に加入する訳ではありません。クレジットカードに付いている付帯保険や自動保険を利用するのです。これがあれば安心して海外生活が出来ます。

渡航する前に入る保険は1日〇〇円又は数日、1カ月〇〇円と大変高くなります。それが数か月、1年となれば相当な金額です。

それに比べクレジットカードは数枚作成しておけばある程度カバーできるかと思います。ただ病気やケガが起きた時病院へ入る前にクレジット会社に連絡する必要があります。それは各クレジット会社が契約している病院を使うことが条件になっている場合が多いので注意が必要です。事前にご確認した方がよろしいでしょう。

ただ、クレジットカードはお店によって使えない場所も多いです。その辺は事前に調べておいた方が良いかと思います。カードの種類はいくつかの会社の物があると便利です。

 

 

電子マネー

交通機関やコンビニ等で使えるICカードがあります。中国なら天府通卡(成都の交通ICカード)、韓国ならT-moneyカードがあげられます。これらの電子マネーはなにより面倒な釣銭や電車なら行先を考えなくてもいいので大変便利です。乗る駅の改札口でピッ!降りる駅でピッ!これで済んでしまいます。バスも一緒です。現金よりICカードの方が安い場合が多いです。

交通機関使用できるICカードはコンビニ等でも使えます。一部店舗は未対応の場合もありますがはやり現金は必多少持ち併せた方がよろしいでしょう。

ここでは2カ国しか挙げませんでしたその他も同様です。電車ならまだいいですがバスに乗る際現金でもたもたしていると後ろに列をなし冷たい視線を浴びる事になりますよ。ICカードならそんな心配もありません。スムーズに乗が出来るし早くて気持ちいいです。残高はカードをかざした際に表示で確認出来ます。又は買い物後のレシートに記載されています。

ICカードはほとんど現地到着後の購入になりますが駅やコンビニ等で販売している場合が多いようです。この2点を持っていれば、こと困ることはないと思います。

 

皆さんも準備しては如何でしょうか。

 

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1240 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください