片側5車線道路

街を歩けは国旗が目立つ

 

 

こんにちはsaiです。日韓関係が悪化しているご時世で韓国は日本に対し不買運動を展開している。ここに至るまでの経緯を説明すれば長くなるから割愛します。

一方日本は韓国に対して今までにない行動を起こしている。それは今まで何度も韓国側は日本に対してやりたい放題やって来た。それを日本はあまり相手にせず、またか・・の如く黙っていた。一種の美徳みたいなものだ。しかしさすがに今回ばかりはこうも何度も繰り返されると日本人でも我慢の限界が来たようだ。

政治家より国民の多くが一丸となり韓国に対して声をあげている。経済的反撃しようとしている。先日の輸出制限を行ったのはまだ反撃ではない。単なる信用できないがための処置でグループBへ格下げしたに過ぎない。これからが本番の反撃が予想されます。

騒動の終息が見言えない渦に巻き込まれているのが現状です。当分は悪化が続くでしょう。何も韓国国民が悪いのではない。根本的に文政権を率いる大人達が政治が出来ていないのである。

 

この暗い話はこの辺にしておき、いい話題へと変え韓国の素晴らしい場所を探してみましょう。旅先では驚く場所が沢山あります。自然の物や人工物など様々です。

 

 

先日幹線道路を歩いていた時です。反対側へ渡ろうと思ったがなかなか橋も横断歩道も見当たらなかった。

 

 

そこへ見えて来たのが唯一の陸橋でした。どーんと大きく片側5車線もあるから全部で10車線分にもなる大きな道を途中柱もなく一本橋が架かっていた。迷うことなく渡った。

 

 

見て下さい。この車幅の道路、日本ではなかなか見れる光景ではないでしょう。素晴らしいです。日本は確かあっても片側4車線位でしょうか。韓国はこのような片側5車線が結構多いです。狭い国の割には広いですね。国が急激に発展したせいもあるでしょう。

本来は長い年月で発展した国は土地が確保出来ません。道路が出来る前に建物が建ってしまいます。また空き地や山など使われていない状態なら安く手に入ります。韓国もまだ発展する前に道路から整備したのが幸いしたのでしょう。

日本では今からでは片道5車線は不可能でしょう。土地買収に天文台クラスの費用が掛かります。北海道なら可能ですが作っても車は走りません。使用頻度が足りません。

 

 

この日は車の数は少ないようです。因みに韓国のクルマのナンバープレートは細い横長タイプに替わりつつあります。昔の日本と同じ形の物もあり今でも使われています。新規のクルマは横長タイプです。車の形はトヨタの形状と酷似しています。

大きな道路は違法な駐車はありませんが街中の小さい道路では違法駐車が絶えません。何故なのでしょうか。

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください