他人のせいにする文在寅

こんにちはsaiです。日韓関係悪化の一途をたどっていますが文政権は何故そんなに強気でいれるのだろうか。

実は今まで行って来た行為がいい悪いに限らず引くに引けなくなって来ているためで、ここで弱気になり屈することになれば今の地位に留まることは出来ないのです。

文在寅の政治は北朝鮮ありきで政治を進めて来た。その間にも日韓関係悪化は進んで行った。G20で日韓だけが会談を行わなかった事も背景にはあるでしょう。日本側も数々の韓国が日本側に対して何をしても許されると言う風潮が行き過ぎるため日本政府に限らず国民までもが我慢の限界を既に越している状況だ。

日本政府はG20終了後すぐに今回の3品目(1.半導体の洗浄に使うフッ化水素、2.半導体の基板に塗る感光剤のレジスト、3.有機ELパネルに使われるフッ化ポリイミド)規制の発表を行った。そしてホワイト国から韓国を除外する事を発表致しました。あくまでこれは経済制裁ではない。

輸出した製品の行方が不正に第三国に渡っている疑惑があり、再三韓国へ警告し部材の経緯説明を求めて来たが何度も無視され続けて来ました。これでは日本側は輸出した部材がどこへ流れているか把握することは困難です。結果信用できない国にホワイト国として優遇しておくことは出来ません。したがって除外となった訳です。

それに怒った韓国政府が騒ぎ出したのだ。日本側が回答を求めた事を8か月も無視続けておいた結果と言えよう。このような過剰反応を8か月前に即、示して頂きたかったものです。

文在寅は何でも自分に都合のよい様に解釈する傾向がある。都合の悪い事は他人に任せ、いい事ばかり自分の手柄にするので外交でも都合のいいようにその場限りで取繕うものだから矛盾が出て来る。都合が悪ければ官僚のせいにする。いつも一番大事な場面には居ない。自分は北にどっぷりだ。

 

会社で言うなら部下のせいにする上司だ。これは最低の行為で無能な上司が行う手なのだ。
会社の業績が悪いのは最終的には社長に責任がある。簡単に言えば社長が無能だから業績が上がらない。
今、韓国は業績の上がらない会社で責任を部下に押し付けているそのものであることは明白です。

米中貿易戦争の激化が響いて韓国に大打撃が起こっている。輸出先の一番のお得意先が中国で全体の4分の1を占めている。これだけ大きいとそれ相当の影響を受けるのは必然です。今後増々、米中が悪化すればウォン株価にも響くことは確実で実際ウォンが下がっています。
スロー的に下がればいいものの一気に下がれば通貨危機も起こります。韓国は過去2度通貨危機を経験しそのたび日本が助けて来ました。

 


しかしまた再来した場合は、日本はもう助け船は出しません。そうなった時韓国はどうなるのでしょうか。
アメリカが助けてくれますか。それとも中国が助けてくれますか。韓国は過去に裏切っている事から見放されています。もうどこの国にも頼れないのです。
北重視の政治を行って来た事がことが今まさに現実となって通貨危機となって迫って来ています。文政権は失敗したのです。北ありきは止め韓国国民のために動いたら如何なものか。

北と距離を置いて自国を見つめて見てはいかがでしょうか。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1266 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください