徴用工訴訟原告側が現金化着手

こんにちはsaiです。日本企業に賠償を命じた、いわゆる徴用工訴訟で、原告側は、三菱重工が賠償協議に応じなかったとして、23日午前、差し押さえていた資産の現金化手続きに着手したとの報道がなされました。

 

詳細な内容は三菱重工が韓国国内に所有する商標権と特許権の8件あまり総額7,300万円相当の資産を現金化する手続きに、23日午前中に着手したことを明らかにした。

 

とうとう来ましたか。三菱重工の資産 を現金化着手これによって本格的に日本企業へ実害が出る事になります。そして韓国は日本から本格的に報復を受ける事になるのです。経済報復や金融優遇処置の取消。このまま韓国にわがままを許しておいては行けません。

今の韓国には何を言っても道理も通じず理解されないのでやむを得ません。十分に警告もして来たのですが・・。残念です。

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください