京都アニメーション放火事件

こんにちはsaiです。18日午前10時半過ぎ、京都市伏見区桃山町因幡の映像制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオにおいて火災が発生致しました。41歳の男がガソリンの様な物をまき火を付けたようです。

火を放つ前に「パクりやがって」と怒鳴っていたようです。この男は元京都アニメーションに勤めていたようなことはなく今のところ全く情報が無く分かりません。詳細が分かるまではまだ時間が必要の様です。分かっているのは既に放火の男は身柄を確保されました。

 

今回の放火によって分かっているだけで25人の死亡が確認されているようです。重傷者も多く今後増える可能性があります。

 

京都アニメーション・八田英明社長が取材に応じるいる一幕

 

 

平成以降これほどの死亡者を出した事件は無いでしょう。一体どんなトラブルがあったのでしょうか。以前から嫌がらせもあり、今回は「パクりやがって」や「死ね」と言って放火に至っており、何らかのアニメ関連の横取りよる恨みなのか。情報が少ない事から警察はきっちり取締り、動機を調べてほしいものです。今後の報道に耳を傾けたいと思います。

それにしてもなんと残酷な放火であるうか。どんな理由があろうと決して許される行為ではありません。今朝まで元気だった人が一瞬の放火によって命が絶たれたのですから犯人を到底許せません。ご家族の事を思うと胸が張り裂けそうです。

亡くなられた方にはご冥福をお祈り致します。

 



このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1339 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください