動物愛護活動家犬食習慣の撲滅を訴え

こんにちはsaiです。韓国ソウルで動物愛護活動家が犬食習慣の撲滅を訴え唱え犬食反対集会に参加したとの報道がありました。

APによると、7月16日 ハリウッド女優であり動物愛護活動家としても知られるキム・ベイシンガーさんが7月12日、ソウルの韓国国会前で行われた犬食反対集会に参加し、犬食習慣の撲滅を訴えた。
韓国国会では、売買目的で犬のと畜を禁止する法案が長年棚上げ状態になっているが、反対派は同法案の即時法制化を強く要望した。
米国からこの日の抗議集会に参加したベイシンガーさんは、「地球上で行われている残酷行為を終わらせよう。犬や猫だけでなく、虐げられている動物はすべて助けなくてはならない」と訴えた。

 

 

死んだ子犬を持ち出して訴え出るのも同情をひいて汚いやり方としか思えない。韓国の一部地域では今でも犬食習慣が残っている。韓国の食文化である。これを野蛮だ食べるな!と言うのもおかしな話だ。

食文化である以上その地域では昔から食べて来た文化をけなされている事になり大変失礼な話である。豚や牛、羊、鶏も動物だ。何が違うのだろうか。同じ命に変わりはない。何故、動物愛護活動家は豚を殺すな~牛を殺すな~と言わない。同じ動物だろう。

 

言っておくが人間は動物を殺し食べなければ生きてはいけないのだ。だから粗末にするなと残さず食べろとそして感謝しろと毎回言っている。植物だって生き物に変わりはない。

それをあたかもかわいそうだのほざいている。動物愛護活動家が生き物を殺さずにいるのなら納得するがそれは無理だろう。殺すことで人間は生きているのです。綺麗ごとを並べても生きて行けません。だから感謝しながら屠殺(とさつ)するのです。

動物愛護活動家をかたる前に食文化を冒涜しているのだからもっと理解をしめしてほしいと思います。犬を食べる文化は韓国・中国・ベトナム・インドネシアそれ以外にもあるがれっきとした食文化です。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1219 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください