インターネット上の求人広告トラブル

こんにちはsaiです。京都新聞ニュースサイトでこんなトラブルの事例があったので紹介しましょう。

「無料で求人を載せませんか」と電話があり、感じがよさそうだったので応募した。

申込書には「初回無料キャンペーン」とあり、料金がかからないとの契約内容を何度も確認し、翌日に申し込んだ。約3週間後、32万円超の請求書が届いた。慌てて問い合わせたが、会社側は「契約時に説明した。申込書にも書いてある」と主張。細かな文字が並ぶ書面に改めて目を通すと、「解約申し入れがない限り、自動的に有料掲載へと移行」とあった。

良くある細かな文字作戦だ。汚いやり方です。同様のサイトで共通するのは、電話で掲載を持ちかけ、2~3週間後に数十万円を要求するというものでこれからの被害にあっている企業が沢山出て来ています。支払いに応じなければ裁判に訴え出ています。

見落としたあんたが悪いと言わんばかりにスキをついて来ている。

 

 

この手の物は多い。以前問題になったのはコインパーキング問題もありましたよね。1日最高2000円みたいな看板を大々的に出しておく。普通なら1日2000円、2日なら4000円3日なら6000円と思うだろう。しかし、実際は夜0時をまわった途端に2日目に突入し、通常料金になる。それも看板の裏に小さく書いてあるため誰も気づかない。その為3日で数万円請求されたりする。明らかに悪質である。

こう言うのは徹底的に訴え出ないと解決しないし、公にしないといつまでも悪どい事が続く。いつも思うが悪い奴は何とか制裁を下したいと思っている。

当たり前ではありますが、契約時は何でもそうですが、良く内容を読んで理解し契約するのが大事です。相手はトラップを仕込んでいると思うくらいがいいでしょうね。

 

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1265 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください