トランプ日米安保条約に不満

こんにちはsaiです。日米安保条約についてトランプ大統領が不満を漏らしていると言う事です。不公平だと言っているのです。

 

日米安保条約は、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の事ですが、トランプは仮に「日本が第3国と戦争になれば、命をかけて日本を助けるが、アメリカが戦争になれば、日本はソニー製テレビで戦争を見ているだけ」だと言っています。その為「日米安保条約破棄か」とのニュースも出ている。

確かにそう通りです。アメリカが戦争になっても日本は戦争はしない。日本の法律で出来ないのだ。戦争放棄しているからね。日本が戦争をしないから日米安保条約なのだ。守ってもらうための日米安保条約です。

その引換に、日本に基地があることで基地関連全て含め毎年7600億円(74.5%)を※1支出している。日本に基地を置きアメリカ軍が常駐しているから発生しているのです。基地を置いている事で敵国にもアメリカは近くなりメリットが大きいのです。だからトランプが破棄と騒いでもそれは簡単には行かない。基地が無ければアメリカは今以上に不利になるだけです。それでも条約破棄と言ったら約束を守らない韓国と同じですよ。

 

まあ韓国は置いておいて、仮に「安全保障条約」が破棄になったとしたら・・

日本は確実に自国を守らなくてはなりません。選択枠は2つ。

1つ目は、アメリカに替わる「安保条約」国を探す。他国と協力しアメリカと均等が保てるレベルで手を組むしかない。2019年の軍事力ランキングからロシア、中国、インド、フランスとかまたは3国と言った具合です。

2つ目は、法律も変えいつでも戦争可能し、軍事力を強化。

アメリカが敵国となる前提も考えて当然アメリカは日本から出て行ってもらいます。武力も今以上に強化しなくてはなりません。大きく変わるのは自衛のために武力強化になるでしょうね。いままでアメリカに支払っていたお金を開発や武力強化に回しても相当準備は可能です。日本の技術力なら一定基準までならそう難しくはないでしょう。しかしアメリカは毎年60兆円ほどの軍事費をかけている事からそれ相当の軍事力は日本には到底無理でしょう。現実的ではありません。その結果、日本はしがみついてでも日米安保条約は破棄は出来ないのです。

 

※1.トランプは米軍の基地に関連する費用を全額日本側に負担を望んでいる。全額負担となれば1兆217億円と莫大な費用となる。

詳細は半田氏記載の「アメリカが「駐留費全額負担」を求めてきたら、こう言ってやればいい」を参照。

 

 

あくまでも「日米安保条約」は日本の盾でこれを失くしたら日本を守る国は無いですから軍事力強化又は他国と協力しかないのです。まさか盾を失くした日本を誰も攻めてこないなんて思っている人は居ないと思いますが・・。いたら世間知らずの馬鹿です。他国は甘くないです。

戦争をやらないための「日米安保条約」でもあるのですからそう簡単に破棄にはならないし破棄にしては行けないのです。だからトランプも日本がどれだけ金を払っているか理解すべきでむやみに「日米安保条約」破棄など言わない事です。いざとなれば日本は上記の選択をせざるを得なくなります。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1240 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください