日本の電機散々たる状況

 

こんにちはsaiです。

ちょっと古いが、「週刊現代」にてこんなものを発見しました。

「5年後、10年後に「生き残る会社/消えている会社」を実名公開!」興味があり見て見ると様々なジャンルの職種があり実名公開だったため興味深々でした。

私が興味があったのはそもそも自分に関係していた電機・家電分野でしょうか。

 

 

何度か日本の電機は今やどこも落ちぶれており元気が無いと散々言って来ましたがNEC、シャープ、ソニー、東芝、パナ、日立、富士通、三菱とある中、本来は今まで世界の先端を走って来たにも関わらず、将来的に大丈夫なのは日立、パナくらいで後は全滅ですね。

 

特にシャープ、東芝、富士通は全くダメで0点と来ている。情けない。シャープは液晶分野でお荷物状態で見込みなしだし、東芝はHDDが有名だったが今の業績じゃこれも期待できず、富士通は今じゃお荷物をすべて売却してしまって手元には何もない。溢れた社員がいるだけ。今後どうするんでしょうね。日本の電機はかつての元気を取り戻して頂きたい

 

社員をクビにして簡単に技術を外国に持って行かれない様に対策を取ってもらいたい。

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください