文政権よ危機感を持て

1ドル=KRW1,200でウォン安すが止まらない。それ故、経済危機が強まって来た。果たしてどう出る文政権。

 

 

こんにちはsaiです。日本と新たに通貨スワップを結ぼうと韓国側が考えている。韓国もいよいよ窮地に立たされたのか信用が無いため。このままではいけないと日本側と再度「通貨スワップ」の必要性があると判断しているようです。

しかし今回ばかりは簡単には行かないでしょう。韓国側のこれまでの裏切り行為の数々が賢明に残っている限り無理だ。

 

 

李明博(イ・ミョンバク)政権時代には、リーマン・ショックや欧州金融市場の動揺による通貨危機が発生するたびに、日本のスワップ枠を拡大したり期限延長で助けて貰った。

2011年10月19日には大型700億ドル規模のスワップ拡大にもこぎ付けたが、その後裏切り竹島に上陸し日本に対して騒ぎを起こした末、謝罪しに来いとまで言って来た。これを問題視した日本の野田首相が送った親書の受け取りを拒否したとんでもない奴だ。日本はこの段階で通貨スワップ破棄をすれば良かったのだ。

朴槿恵(パク・クネ)政権時代には、年8月27日、日韓財務対話で通貨スワップ再開に向け協議再開で合意しました。その後直ぐ12月30日に釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されると言うとんでも無い事が起こり、日本政府が正式に抗議したが、完全に無視された。朴槿恵政権は自分が困っている時だけお願いして来るだけで日本は何度も馬鹿を見て来た。

 

そんな態度を取り続ける韓国に対して、日本政府は2017年1月6日にスワップ再開協議の中止などの対抗措置を宣言しました。もうこれ以上スワップで協力することは何もないでしょう。日本にとっても何のメリットもありませんからね。

 

韓国の文政権は韓国国民を第一に考えておらず、的外れな事ばかり実施している事から世界から見捨てられた。自国の危機意識が全く無い。呆れるほど無頓着。一体何をしたいのかわからない。視界が北朝鮮ありきしか見えていないから世界を敵に回しているのだ。もっと国内を大事にしないといけない。強いては世界を見て国内が良くなるのだ。日韓関係だってそうである。日本を敵に回しても経済が回復は見込めないし、悪くなる一方です。当然今のままでは、通貨スワップなどあり得ない。

 

慰安婦問題・徴用工訴訟・レーダー照射問題等数々あるがこれらが国内で解決出来なければ、日本政府は何も協力は出来ないだろう。仮に問題解決せず、再度通貨スワップ等協力するなど言い出したら、日本国民は怒るし、もう日本国民は投票に行かないだろう。

 

 

韓国経済がここまで傾いて来ると、もう今の政権では修正が難しいかも知れない。文政権は変わろうとしないから、悪循環に陥り抜け出せない。

日韓問題は日本国民も怒りから今では呆れるばかりだ。もう正常な政治の期待も無理なのだろうか。

 

 






このページの上に移動

旅は楽しい

tabinin
About tabinin 1343 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください