追い詰められたファーウェイ

こんにちはsaiです。とうとう最後の砦だった締め出しが来てしまった。きっとファーウェイは、「これだけは防ぎたかった。」と思っているに違いない。番狂わせだ。

 

英半導体設計大手のARM(アーム)ホールディングスがファーウェイとの取引を停止するよう通知したことが分かりました。これは先に報じられた取引制限より深刻な事態であります。強気だったファーウェイに曇りが出て来てしまった。

ファーウェイがアンドロイドOSの制限がある中、数年前から準備していたとする、独自開発のOSを秋までに作成するとしているがこれさえも暗礁に乗り上げているのです。ARM(アーム)社がもっているOSの設計図は省電力半導体設計に強みを持ち、現在のスマートフォン向け半導体チップの9割を占めていると言われています。

ファーウェイが独自開発を進めている物でさえアンドロイドをベースにしているとしています。その為これらの省電力設計以外の方法で新たに設計しなおしても動作すら難しいでしょう。

ARM(アーム)社の設計情報ライセンスが無ければこのスマホ世界では生きて行けない構図となっています。たとえファーウェイと言えども、同じです。

全世界のほとんどの半導体チップメーカー及びスマホ関連が、ARM(アーム)社の設計情報ライセンスを使用しています。事実上これが無いと何も出来ないのです。

いよいよ大詰めなのか、ファーウェイの反応がどうなるか目が離せない。

 






このページの上に移動

旅は楽しい

About tabinin 1344 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください