富岡町の桜が咲き乱れる住民の帰還はいつなのか

こんにちはsaiです。さくらが北上して来ました。今朝のニュースでは富岡町のさくらを放送していました。ここは福島県富岡町です。先の原発事故によって住民が避難してほとんどの人が未だ戻れません。しかし毎年咲く桜は並木道を満開に咲くことを忘れません。今年も静かに咲いています。

 

この時期に限って2年前から一部に限り解放しております。樹齢100年以上の桜(ソメイヨシノ)が約1000本2.5kmに渡り咲いています。

この桜並木を見るために多くの観光客が訪れます。私も2年前に足を運んでみて来ました。今年は海外にいて行けませんが皆さんは是非訪れてはいかがですか。

 

この地域はまだ避難解除になっておらず住民が戻るには、まだまだ先になります。予定では2023年頃になる予定です。それまでに除染等も行われます。

 

 

今朝のニュースにて報道

 

 

富岡町は震災発生時、平成23年3月11日現在の住民登録人口15,960人です。平成31年3月末で12,972人です。この中には他県への避難者も多く含まれいます。実際に町内にとどまっている人数は平成30年11月時点では800人ほどになっています。

 

早く多くの住民が戻れるように除染等急いでほしいものです。

 

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください