RR4 エリシオンセルモーター交換で失態

こんにちはsaiです。先日駐車場に停めた車のエンジンが突然かからなくなった。セルがまったく回らないのです。すぐにセルモーターだと分かりました。以前のオデッセイと同じ現象です。すぐにネットで型番を調べ発注(送料無料着払い手数料込み18、000円)しました。翌日の日曜日には部品が到着しましたが午後夕方近くだったので翌日作業しようと思います。

 

 

明日のセルモーター交換の前にメモリーバックアップ用に電源を作成中です。部品を購入して半田付けしてます。でも完成後気づいたのですがシュガーソケットから12V電源を供給しようと思っていましたがここはアクセサリー状態で電源が供給されるのでバッテリーと直に繋がっていないことを思い出しました。やり直しです。

 

 

100V電源→12Vにしてワニクリップを繋ぎました。これを直にバッテリー端子に繋ぐことにしました。

 

 

作成したケーブルをバッテリーケーブルにつなぎメモリーが切れるのを防ぎバッテリーを外します。その後ヒューズケースを外します。根元で外してもよし、BOXの爪を外し引き抜いてもよしどちらでもかまいません。邪魔になるBOXを外します。

 

 

写真は既に外した状態です。

 

カバーを取り外しましたがさほど邪魔にはなりませんでした。無ければないですっきりして作業しやすいです。

 

 

バッテリーBOXを少しずらせば見やすくなります。これがセルモーターです。

 

 

ここで問題発生。上側のボルトは緩んだのですが下側のボルトが緩まない。ラチェットを長いのや短いものといろいろやってみたが緩まない。力が入らないのです。上手くまわせる場所がない。手を入れるスペースを確保するためフロントスポイラーの一部を外したり思考錯誤したが緩まない。ラチェットのレバーを長い棒を使ってハンマーで叩いたりしたがまったくボルトが回る気配が無い駄目でした。時間もかかりこのままでは今日中に終りそうに無くお手上げ状態になりました。明日はどうしても車が必要で使うので困った・・。最後にセルモーターを何度か叩きセルが回ることを祈ったがこれも駄目でした。1,2度は行けるはずだと思いましたが駄目でしたね。

仕方が無いので諦め車屋に依頼することにしました。いつも車検や故障時にお世話になっている自動車屋さんに電話して来てもらいました。下側のボルトが緩まないことを告げ見てもらった。一旦車屋に戻って台車と1名追加で来てくれました。再度セルに衝撃を与えて何度目のトライでセルが回りエンジンがかかりました。ラッキーです。このまま乗って行って頂きました。

2時間後交換出来たようで戻って来ました。車屋の話によると下側からのボルトを回すのは出来なかったとの事でした。上側から回したとのことでした。見た感じ上側からだとボルトが車体下側になるのでどうやって回したのだろうか未だ分からない。???。

とにかく交換は出来たのでよしとしましょう。車屋には後で請求書を下さいと言っておきました。手間代程度なのでそんなにはかからないとは思いますがちょっとした出費でした。

 

 

交換したセルモーターです。

 

 

ミツバ製のセルモーターですね確か前回オデッセイのセルモーター交換時もミツバ製でした。ホンダは皆同じなのでしょうかね。今回は分解して中身は見れません。今回購入した物はリビルド部品なので購入先に取り外した部品を返却しないといけない物です。壊さずに返品します。

 

前回のオデッセイのセル交換時より今回の方が分解がほとんど無く狭いが交換作業が簡単だったかも知れません。バッテリーとヒューズBOXを外すだけで交換が出来ます。今回の作業でちょっとボルトが緩まないアクシデントはあったものの本来90分もあれば作業が出来そうな感じです。

 

 

※メモリーバックアップの為に今回12V電源とケーブルで作成しましたがバッテリー取り付け時にワニクリップが一瞬外れてしまいました。やってしまったと思いましたが実際パワーウィンドウ等何も異常などありませんでした。もしかしたらバックアップの必要が要らなかったのかも知れません。

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください