フロントガラスの傷を直してみた

こんにちはsaiです。ここまで割れてれば修正は不可ですがちょっとした割れや打コン、浅い傷ならリペア可能です。

 

私の車にフロントガラスに飛び石だろうか傷が入っている。これをガラス傷リペアキットを使って修正してみたいと思います。仕上がりがどうなるか見ものです。

 

 

今回ネットで購入したガラス傷リペアキットです。値段もいろいろありますが私は1,000円位のものを選びました。これで十分修正が可能です。

 

 

開けると中身はこんな感じです。左から修復液、注射筒、注入管と定位基盤、固定化の薄膜、安全かみそりの刃、取扱説明書。

 

 

3mm位の打コン傷が目立ちます。

 

 

打コン傷に合わせて定位基盤を貼り付け固定します。

 

 

定位基盤に注入管をねじ込みガラス面まで入れて行きます。当たるまで押して大丈夫です。

 

注入管の中に修復液を5,6滴入れます。

 

 

内側から見ると傷の中に液が浸みて行きます。

 

 

注射筒を注入管に差込み注射筒に圧力をかけます。

 

 

固定化の薄膜に数滴落としガラス面に貼り付けます。特に押したりしません。軽く貼り付けた状態にします。3~5分間太陽の光にさらします。紫外線照射機があればそれらを使っても大丈夫です。

 

 

修復液が固まりますので余分な固まりをかみそりの刃で削り落とします。簡単に綺麗に剝がれます。

 

大分綺麗になりましたがよく見ると分かります。初めて見る方は気づかないかもしれません。原理は傷内に修正液をいかに浸透させるかが鍵です。上手く入ればより目立たなくなります。

傷があるとそこに水が入り寒い時期にはこの水が凍結し膨張します。膨張すればおのずとガラスが割れる原因になります。特に北国の方は傷は早めに直した方がよさそうです。見栄えもさることながら怖いのは水の膨張ですから安いキットで直ります。それも2,3箇所は十分修正可能です。早めに水の浸入を防いで下さい。皆さんもトライしてみてはいかがですか

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください