エアコンフィルター交換は超簡単

こんにちはsaiです。

エアコンスイッチを入れると車内が少し臭く感じることはありませんか原因はいろいろ考えられますが一番の原因はエアコンフィルターよりもっと奥にあるエバポレーターからの悪臭です。これらのカビが原因で悪臭を放っています。

このエバポレーターを綺麗にすることで匂いがほぼなくなるかと思います。実際は軽ければエアコンフィルター交換で改善されることが多いですが仮に改善されなければエバポレーター消臭すれば良いかと思います。まずはエアコンフィルター交換からトライしましょう。

私の車も少し匂いますので今回まずエアコンフィルター交換を実行してみました。作業は簡単で正味5分程度の作業です。メーカー車種によって多少の違いはありますがほぼ作業内容は似通っています。参考までに見て下さい。

 

エリシオンの場合(作業時間:5分)

 

ますは車種にあったエアコンフィルターを選びます。エリシオンの場合はRR4の該当年式を選び「H3」の製品と分かりましたので数ある中からH3を購入します。

 

 

グローブボックスを開けます。

 

 

フックがかかっているので外してマックスまで開きます。フィルターを外せる状態まで開けば取り出し可能です。黒いボックスが対象物です。

 

 

左右の指でロックをつまみ引くと手前へ取り出せます。

 

 

後は引き抜けば外せます。

 

 

汚れのひどいフィルターです。ゴミや虫が付着しています。汚れがひどいと匂いも発生します。

 

 

新しいフィルターと交換します。今回はPM2.5対応活性炭入りフィルターを選びました。3980円少し高めですが対応活性炭で匂いを消してくれることを期待して選びました。通常の1980円程度の安めのものもあります。

これで一旦様子を見ます。エアコンをかけて50キロほど走ってみましたが気にある匂いは消えたかと思います。もっと消したい場合は先ほどのエバポレーターの掃除を検討しましょう。

次回エバポレーター掃除を行ったらまたレポートしてみます。

 

短時間で簡単です。皆さんもご自分で作業をして見ましょう。

※メーカ側が推奨しているフィルター交換目安:10,000KM又は1年に1回交換。

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください