セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

こんにちはsaiです。

皆さんはセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)についてごぞんじだろうか

 

今朝のあさイチで放送していました。これは私達にとって身近なことで少なからず薬を買っているはずです。知らないと損をしているかも知れません。いい情報です。是非とも活用すべきかと思い載せてみました。

国はこう言う情報をもっと積極的に告知して貰いたいものです。国はお金を国民から搾り取ることは積極だが逆に減税に関することは告知しない。ずるがしこいとしか思えない。もっと国民のために収入の少ない人のために宣伝して頂きたい。

 

概要はこうだ。

市販の薬を買う場合にOTCと言う薬があります。パッケージに記載同じ薬のものでもパッケジにあるものと無いものがあります。この違いは薬の成分に違いがあるそうで、効果はほぼ変わらない。購入の際は注意が必要です。この薬を年間12000円以上購入した際に対象となる。仮に20000円購入した場合8,000円が課税所得から控除される。
(対象医薬品の購入金額:20,000円-下限額:12,000円=8,000円)

減税額
・所得税:1,600円の減税効果(控除額:8,000円×所得税率:20%=1,600円)
・個人住民税:800円の減税効果(控除額:8,000円×個人住民税率:10%=800円)

詳しい計算方法は下記記載しましたので厚生労働省のHPを参照願います。

ただこの制度を利用するには条件があって「特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診 」などのいずれかを受けている方が対象です。国も一定の健康に関して気を配っている人を対象に見ているようです。だれでもOKって言うわけではないようです。

当然薬の購入の際はレシートが必要です。必ず貰っておきましょう。コレを確定申告の際に申請すれば大丈夫です。私も今回テレビをみて初めて知りました。ただ年間12,000円以上買うことも無いので無縁かも知れません。テレビでは薬を買う人は平均34,000円と言っていましたが結構買っているのですねもしかしたら気づかず買っているのかも知れませんね。一度見直す必要もあるかも知れません。

このようにただ薬を購入するのではなく、対象製品のマークの入っているものを買えば減税されるのでこれは大きい金額になります。是非活用して頂きたいものです。

 

 

詳細は厚生労働省のHPに掲載されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

 






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください