世界のコンセント事情

こんにちはsaiです。

今日から8月です。暑さも夏真っ盛り。毎日30度越えは当たり前。本当に疲れてしまいます。皆さん十分に水分だけは取りましょう。

さて海外に出かけた時にコンセント形状が違い困ったことはありませんか。そこで世界のコンセント事情を調べてみました。

 

 




大まかに分けて8つの種類があります。

 Aタイプ  アメリカ、カナダ、フィリピン、台湾
 BFタイプ  イギリス、タイ、シンガポール、中国
 B3タイプ  インド、ネパール
 Bタイプ  韓国
 Cタイプ  CBタイプ  イタリア、インドネシア、タイ
 SEタイプ  ドイツ、フランス、スペイン
 Oタイプ  オーストラリア、ニュージーランド
 O2タイプ  オーストラリア、ニュージーランド、中国

 

前回行っていた先の韓国はBタイプでした。形状さえ合えばいいとは限らないので電圧に注意しましょう。大体今の機器は100-240Vと電圧が変わってもこの範囲なら壊れることはありません。まれに範囲が100V表示になっているものは100Vしか使えません。海外で200Vのコンセントに繋ぐとそのまま200Vが機器に来ますので壊れます。

私の使っている電気シェーバーがそうでした。100V専用なので間に減圧器(200V→100V)を経由して使わないといけません。この辺は事前確認して下さい。




これはUSB充電器ですがこれなら240Vまで対応してますからこのまま差し込んでも大丈夫です。

この様に渡航先によってコンセント形状が違っています。事前準備して行った方がいいかも知れません。また最悪忘れてしまったり失くしてしまったりしたら、大丈夫です。結構ホテル側で変圧器(減圧機)を貸してくれたりします。

とりあえず準備だけはして行きましょう。






このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください