トラベル予防注射実施

こんにちはsaiです。

海外に渡るにはその渡航先によって必ず必要なワクチン接種(接種証明書が無いと入国出来ない国もある)もあれば、比較的ゆるく本人任せの予防接種もあります。必ずしなくてはいけないこともありません。まずはお医者さんに相談して決めて下さい。

 

担当医が書いたメモを元に説明

 

海外から事前にメールを入れ問い合わせ致しましたが基本初めに相談して何を打つか決めたいとのことで帰国日の次の日行って来ました。

私は事前にメールで破傷風、A型肝炎、B型肝炎、風疹+麻疹混合を希望致しましたが相談の結果。2回目打つことが可能なものにしました。

破傷風(1回のみ)とA+B肝炎混合(3回)と風疹・麻疹(1回のみ)の三種類に決定しました。




 

初めての病院、初めてのトラベル予防注射。親父は緊張している。顔が引きつってます。

しかしこの椅子ふかふかです。ここで注射打つのを待ってます。

 

注射前のアンケート記入。これが無いと注射打てません。

予防注射の種類ごとに説明書があり読んだらアンケート記入。

 

全部埋めて完了。今日は2種類打つので書類も2種類分です。同意書にサインして完了です。




いよいよ注射です。青い方がA+B肝炎混合用注射。緑の方が破傷風です。

 

まずは青い方の注射(A+B肝炎混合)から打ちます。

痛て~

思っていたより痛い。痛い・・

人間ドックの時にバリウム飲む前に胃の動きを抑える筋肉注射って痛いですよね。あれの5倍は痛かった。

次の破傷風の注射です。これはまったく痛くない。

この痛さの違いを看護師さんに聞いたら中の薬剤によって痛さが変わると言っていた。なるほどね。




参考まで今回の注射代はいくら?

A+B肝炎混合(輸入品):14,040円

破傷風:4,120円

※病院によって同じ予防注射でも価格に変動があります。ご注意下さい。A+B肝炎混合(輸入品)は次回の渡航前に打ちますが価格はまだ聞いてません。2回目も同じくらい金額がかかるかも知れない。次回また実施後アップ致します。

 



このページの上に移動
tabinin
About tabinin 1321 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

1 Trackback / Pingback

  1. 海外渡航ワクチン接種 – 自由な旅人

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください