山での野宿は危険、キャンプ場なら安心

こんにちはsaiです。

近年熊が人里で相次ぎ目撃されています。ニュースでも流れています。

では何故熊が頻繁に人里にやってくるのでしょうか。それは人間が山を切り開き又は本来熊が生息していた地域を壊したりした結果。餌がなくなり危険を冒してまでやって来るのです。熊だって必死です。

 

熊は一度餌のありかを覚えたら何度もやって来ます。それが例え人間の住む街でも関係ありません。そもそも熊は強そうに見えますが人間が怖いのです。確かに喧嘩したら人間は勝てませんが人間は銃を持ち熊を駆除出来ます。その点強いと言えるでしょう。




以前秋田県で山菜取りで山に入った老人が熊に襲われ亡くなりました。本来山でも人間が来れば熊は逃げて行きます。ただばったり会ってしまったりした場合、出会い頭は熊も驚きます。それで襲われてしまうのです。特に子連れは危険です。仮に一度人間を襲ってしまうと味を覚えてしまいます。それでまた襲います。当時襲われた方は熊よけの鈴を数個身につけていたそうです。しかし襲われました。その熊には鈴はもう役にたたなくなっていたのでしょう。被害者も数名出ました。

熊は本来山で生きていかなくてはなりません。でも人間がこの自然を壊したからこそ起きている事実なのです。今後は山を壊すことは人間をも危険にさらすと心して頂きたいものです。




 

熊が悪いのではなくて人間が悪いのです。

若い時は何処でもキャンプを行っていました。北海道でも山の中で野宿したこともあります。今思えば如何に危険だったことか思い知らされています。若い自分は考えがありません。たまたま何もなかったから良いものの今思えば怖さがあります。今はよほどのことがなければ山での野宿はしません。するなら人里での野宿です。まずはキャンプ場に泊まれば問題ないでしょう。

 




山での野宿は止めましょう。私は良くキャンプする場合はこのサイとHATINOSUを利用しています。皆さんもいかがですか。このサイトの始まりは無料キャンプ場から始ってます。今でこそ有料キャンプ場の紹介も掲載されていますが多くは無料キャンプ場です。安全のためキャンプ場使用をお勧めです。ご安全に!

 



このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください