迎えに来てほしくない車

こんにちはsaiです。

半年位前だろうか、女子大生が選ぶ迎えに来てほしい車と来てほしくないクルマと題してニュースがあった。

車種はベンツ、レクサス、アウディ全て高級車ブランドが並びます。ほぼ予測はつきますがニュースによると、そもそも今の女子大生は詳しくは車種やグレードは分かっていないとのことです。グレードによってピンきりの価格差があります。ベンツと言っても200万もあれば2000万以上もあります。これくらい車種やグレードで変わります。

しかしそこまでは考えず1番安いグレードでもかまわないのです。




ただ高級車過ぎる車(ランボルギーニ、ポルシェ、フェラーリ)は一応敬遠しているようです。やはり身の丈に合わないと心得ているのでしょう。高級車をあげればキリがありませんので割愛いたします。

では迎えに来てほしくない車はなんでしょうか

メーカに配慮なのか車種までは記載が無かったが下記が挙げられていた。

・軽自動車 → 理由:ダサイイメージ
・シャコタン → 理由:乗り心地が悪い
・フルスモーク → 中が見えず怪しい車のイメージ
・うるさい車 → ただうるさいだけ




車種に関わらずこれらの車は女子大生に限らず、女の子に敬遠されているようです。これらがそろった車に乗って女子大生に近づいたらもう完全にスルー状態間違いなしですね。

では今滞在先の韓国と比べてみましょう。

韓国では軽自動車はほとんど見かけません。2000ccクラスもありますが感覚的にほぼ大型車を乗っています。排気量は3000ccクラスが多いのではないでしょうか。税金関係かは不明ですが何故か大きい車が多いです。

シャコタンは、ほぼ100%見ませんね。見たことがありません。まず道に段差が作られているから走れません。

フルスモークは統計取ったわけではありませんが98%はフルスモークです。まったく見えません。人の気配すら分かりません。タクシーもほぼフルスモーク状態ですから。




うるさい車は今のところあまり見かけませんね。たまにマフラーが壊れている車が走り爆音でうるさいと思うくらいです。以上韓国と比較でした。

いつの世も高級車が好きなのは分かります。車種こそ出なかったが女子大生から嫌われている車だって乗り手は好んで乗っている訳でどうのこうの言われたくは無いと思っているはずです。



このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください