「BCP(事業継続計画)」

こんにちはsaiです。

ネット回線遮断の脅威

日本でインターネットが遮断されたらどうなるだろうか恐らく経済が麻痺状態に成りかねない。銀行・証券会社・企業すべてインターネットに接続され運営し社会が廻っている。

それが突然回線が遮断されるのだ、一般人なら数日間なんとかなるだろうが経済はそうは行かない。大きな問題発生だ。

これが現実にモーリタニアで起きてしまったのです。

3月30日、アフリカの沿岸国とヨーロッパを結ぶ、全長1万7000キロメートルの海底ケーブルが切断されたのです。原因は未だ不明とのことです。




海底ケーブルは国際的なインターネット接続を支えているので遮断によって悪夢の2日間が続いたのです。振込みだって出来ない状態だ。完全孤立状態。

これで海底ケーブルが如何にもろいか分かった。仮に悪意ある者によって切断される可能性だって否定出来ないしこれほどもろいことが実証出来てしまった事になります。

遠い国の問題としてだけでなく我が国だって有り得る話です。島国のため数え切れないほどの海底ケーブルが存在しております。これを守れるのでしょうか。

仮に地震で切断されても衛星とか他の手段に切り替えるなど、「BCP(事業継続計画)」進んでいるので少しは安心かはわからないが、2重3重の対策を講じてほしいものです。



 
 

※、「BCP(事業継続計画)」:自然災害・サイバーテロなど想定外のアクシデントに襲われた場合を想定した事前対策



このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*