スピード違反取り締まりに物申す

こんにちはsaiです。

ネットサーフィンしていたら、「日本のスピード違反取り締まり」に異議あり!のタイトルに目がとまり、読んでみたら納得する内容だった。確かに日本の取り締まりはおかしい。スピード違反の設定値も何を基準にしているか分からない。道路状況を加味していない。

道路走行中危険や渋滞を回避するために時にはスピードをあげ後続車に道を譲る場合だってあるはず、警察はそんなものはお構いなく違反したら断固違反だ!しか頭にない。

一車線で追越が出来ず見通しの良い場所で制限速度40km/hなんて道だってある。これを永遠に40km/hで走っていたら後続車は追い越し禁止であろうと追い越していくはず。黄色い線で追い越ししたら危険だし事故の元です。それでもスピードを上げれば捕まる。バカじゃないの。




1番納得出来ないのはスピード違反の取締りを警察はノルマを作っていることだ。白バイやパトカー覆面などでの取り締まりは、ほぼ会社で言うなら売り上げ確保だ。馬鹿げている。確信犯の違反者を検挙すべきではないだろうか。

本当にスピードを出させたくないなら、道路に段差つければいい。韓国はいっぱいあるぞ、片側3車線でもあちこち段差だらけでイラつく。ここまやると行き過ぎだが、今後は警察もセコイ取締りを自粛した方がいいのではないでしょうか。



 
 

私も過去にバイクで35km/hオーバーで捕まった(違反金4万)。車でも捕まった(違反金1.5万)。どちらも信号で止まってスタートダッシュでチェッカーフラッグだ。俗に言うネズミ捕り。こんな場所でやるな!誰だってスタートの際加速するだろう。

もっと他にやることあるだろうって言いたい。


このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*