3.11あれから7年現状はどうか

こんにちはsaiです。
今日は3.11。あれから7年が経ちました。あっという間に過ぎてしまったが、復興はまだ道半ばと言う感じです。震災で亡くなられた方がいる。住まいを奪われた方々が大勢いる、悲惨な日々だったこの7年。何も学んでいない。

 

地震による破壊ならまだ時が解決し、直す事が出来ます。しかし一方で地震によって原発事故が誘発され、セシウムが飛散した。これによって多くの住民が避難し、未だ故郷に帰れない現実もある。

今回の原発事故は自然が誘発した人災と考えるべきです。反省すべき点が沢山有ります。一例を挙げれば事故が起きて避難する際何処へ逃げるべきか発表が無かったため、避難者は風下へ逃げた。その結果当然セシウムの雨を浴びる事となる。こんなのは避難方向を発表をしなかったからではないでしょうか。隠したかは分からないが現に莫大な費用をかけた緊急時迅速放射能影響予測(SPEEDI) ネットワークシステム は構築されているのに生かされなかった。これでは何のために設置したのか分からない。税金の無駄でしかない。風向きが何処へ行っているのか知っているにも関わらず・・残念。北上した避難者はセシウムを被ったのだ。




絶対事故が起きないと言われて来た原発神話は崩れたが、事故の教訓を生かすどころか再稼働を望み日々せっせと励んでいる方々。
そんなに安全なら東京の電気なのだから東京に原発を作れば良いのではないか。東北で電気作って東京に送電ふざけてないか。安全な原発だから東京に建設しましょうよ。

原発は確かに良い。ここまで書いて来て何言ってんだと思うかも知れないが、現実的には敵わない。火力、水力、風力、太陽光等に比べ安定して供給出来るからだ。(供給側の言い分)

しかし一旦事故が起きると一番厄介な代物です。人間に制御など出来ない。人間は出来ていると勘違いしているだけだ。一番疑問なのは、原発を稼働するにあたり最終的にゴミが発生する。このゴミを制御出来てない。完全リサイクルが出来れば問題無いと思っているが、それが出来て無い。ゴミを生産し続けて地中に隠す。未熟な技術ゆえ、ゴミを地中に埋めててるだけだ。(六ヶ所再処理工場も失敗)

 

どんな処理を施しても地中に埋めただけでは完全に封じ込めは出来ない。数十年後または数百年後かも知れないが放射能漏れが確実に起こる。
俺たちの時代は良いかも知れないが子ども、孫、曾孫に後処理の責任を押し付ける事になる。確実に漏れ地下水さえ汚染される事態が近い将来来る。



 
 

これでもまだ原発を稼働したがる。今廃炉する方が費用がかかると言うだろう。それでも安心の方を選ぶし家族と一緒の方がいい。もう原発事故は起きない神話は無いのだから、、。

一度の人生自然に生きましょうよ。

このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください