トランシーバーの長距離可能機器は違法が多い

こんにちはsaiです。トランシーバーについて一言申します。現在仕事をしています。生活費や旅費を稼いでおります。

 

そんな中、仕事でトランシーバーを使っているのだが通話距離が短いような気がする。室内設備等の合間をぬって300Mほどしか届かないと思われます。無線などと言う物は初めて使います。子どもの頃におもちゃの無線で遊んだことはありますが、本物は初めてになります。無線ってこんな距離しか届かないの?障害物があるとこんなもんですかね。ちょっと驚きました。




登山など2名以上でいく場合は持参してもいいですよね。はぐれたなどの緊急時に有効です。携帯電話の電波が届かない場所が多い中、トランシーバーは最大限の有効手段で安全な品物と言えます。私も欲しくて以前にネットでいろいろ調べたことがありました。

 

通話距離が各段に長い20km、30km、45km、60km等々くらいのものが沢山あります。これって長距離でいいな、欲しいな、値段は?安い!めちゃいいじゃんって思った。しかしこれって日本で使っていいの、よく調べれば確かにトランシーバーとして長距離は飛ぶが、使用している周波数帯・出力が問題なものも多い(技術基準適合証明の規格外)。販売の際ほとんどは証明を表示しておらず購入して使っている内に捕まる可能性が高いです。罰金高いよ~。(100万円以下)

無許可で無線局を開設することは電波法違反って物があり、トランシーバーも電波を発信可能ですから立派な無線局です。



 
  

使用する周波数も決まってます。これを破ると無線がテレビやラジオに混信したりします。又は警察無線や消防署の無線に影響を与えたりしますので、購入の際はその辺を十分に注意して購入しなくてはなりません。販売業者は売っちゃえば関係ないって事ですからね。長距離無線をうたう広告に飛びつかないように十分に注意して下さい。無線やトランシーバーなどは出せる出力(10mW以下)が決まってますので、よく考えたらそう簡単に長距離会話なんて出ませんよ。

 

CB無線ってありましたよね今でもありますがトラックの運ちゃんがよく使っていた強力な無線機で取締り強化や携帯電話普及で今はほとんどなくなって来てます。これが厄介でよくFMを聞いていると勝手に乗っかってくるもんだから頭に来ていました。減って来て安心です。

くれぐれも警察の厄介にならぬように注意しましょう!

罰金払うくらいならに出ましょう!

PR : トランシーバー は技術基準適合証明のあるものを選びましょう

このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください