ブルーレイプレーヤーを評価してみた

昨年末に日本でブルーレイプレーヤー一式を購入した。理由はデータバックアップや映画等のブルーレイレンタル出来るようにだ。実はまだブルーレイは見たことが無い。未だレンタルしていないのです。すぐ韓国に渡ってしまったので残念だ。データのバックアップやDVD作成は何度も行っている。今回はこちらの評価をまとめて見ました。

PR :  ブルーレイプレーヤー 4Kで映画三昧

購入品

・ブルーレイプレーヤー
Windows 8 Pro 64bit には接続と同時に素直に認識し問題なく接続が完了。
Windows 7 Pro 32bit ではうまく認識せず。




一度失敗するとなかなか認識してくれない。必要に迫られていないし面倒なので調べてトライしていません。適当ですね。Windows 7 Pro 32bitでもやれば認識するはずです。また各社さほど性能に違いを見つけるのは難しいかと思います。どこも似たり寄ったりだと思います。頻繁に使うものでも無いのであとは各メーカのデザインなど好みが分かれるところです。本体自体の性能に違いはさほどありません。後は。再生・書き込みスピードも購入するメディアで変わります。

使用に関してはやはり各メディア、ほぼすべてに対応しており優秀です。(カセットタイプのDVD-RAMは未対応)大容量のディスクが使えるのが最大の特徴でバックアップに重宝しております。ただHDD書き込みとは違うので相当の時間はかかります。映画等を鑑賞するのにはまだ使用していませんのでわかりません。PCのスペックにも影響がありますがひと昔のような途中読み込みでストップするようなことは無いでしょう。

 

超軽いしコンパクト過ぎて何故か信頼性に不安があります。それだけ技術が進歩しているのですね。本当にブルーレイなのって感じです。DVDプレイヤーと変わりません。

 

・ブルーレイディスク(BD-RE DL 50GB)

50GBのデータ用を購入致しました。データのバックアップ用に使用いたします。USBと同じようにドラックでコピー出来るようにフォーマットし使ってます。

私のバックアップの仕方はPCデータを外付けHDDにバックアップした後にブルーレイディスクにバックアップしてます。本当に大事なものはクラウド上にもあります。4箇所にデータがある感じですかね。用心深いかもしれませんがデータなんかいつなくなるか分かりません。間違った操作で消えることもあります。日々写真なか増えるし1TBなんか足りません。

PR : ブルーレイディスク 大容量でバックアップ



 
 

そうそうDVDへの写真バックアップは永久じゃないので注意下さいね。劣化しますので定期的に焼きなおした方が無難です。

ノートPCを購入致しましたのでPCリカバリー用にデータ作成しここに入れています。いずれPCが壊れたときにここから復旧させます。その際中のデータは手間でもはじめから入れるつもりです。基本OSのみのバックアップになります。PCのOS入った箱もの作って新たにソフト入れなおします。

PCを使い続けるとごみ(.log)が溜まります。これが結構容量がでかくなってくるんですよね・・スピードも遅くなるし、HDD容量無くなるし、知らないうちに他のツールも住み家にするし厄介です。悪人ツールもいるし、これらを踏まえて必要なデータのみバックアップしてます。定期的に写真のバックアップもやってます。(お勧めツール:RealSync )

 

・USB  3.0 HUB

3.0USB HUBはマウス等繋いでます。なんとなく買いました。特に必要ではなかったがあっても困らないのでおまけです。ブルーレイプレヤーは接続はしてません。推奨ではないようです。本体USBに直接接続がいいようです。HUB経由だと多少スピードが遅くなるんでしょうかね・・

PR : コンパクトUSB 3.0 HUBはこちらから・・

以上saiでした。


このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*