交通事情(韓国)

交通事情で感じたことを間違いもあるかも知れないが記載してみた。日本とだいぶ違いがあるようだ。

 

車は右側走行です。メーカはキアやヒュンダイが多く(9割)を占めているためこの車種をよく目にする。外車はベンツ・BMWが多い。その他の外車はたまに目にする程度だ。日本車は数少ない。目にするのは最近のレクサスだ。そのほかの日本車はまだ見ていない。輸入車の関税は8%で高い。国産車を守るための処置だ。韓国と日本は今、仲が悪いが韓国も日本車が優れていることへの一定の理解をしている。そのためデザインの日本車パクリが横行し問題でもある。韓国では古い車をあまり見かけない。新しい車が多い。軽自動車をまだ見ていない。排気量の大きいい車が目立つ。

 

運転手はとにかく飛ばすし、車間距離をとらない。危ない。確かにその分事故も多い。日本より事故現場をよく目にする。韓国の車はオールスモークの濃いフイルムを運転席と助手席まで貼り車の9割以上貼っているため真っ暗で見えない。タクシーも全て貼ってある。あれは危険だ。昼間から夜同然だ。貼っていない車を探すのは難しいくらい少ない。道路のUターン禁止が少ない。ほぼOKだ。信号機だが赤の信号では右折が出来る。これはいいと思った。青は進むだけ左折は出来ない。左折は青と矢印が出れば可能だ。ただ歩行者にとっては優しく無い。道路横断がやたら短い。歩行者用信号が青になると1秒位ですぐ点滅する。急いで渡らないと赤になってしまう。車優先って感じで歩行者泣かせの信号です。ちなみに車は日本のようにリミッターは付いていないので車種の性能限界まで出せる。メータは260kmまである。




路上駐車

路上駐車が当たり前。韓国では自分の敷地に車を止める習慣が無いというか場所が無い。自宅前やホテル前、交差点関係なく停める。特に交差点内に停めるのはいい迷惑だ。大きいメインストリートはさすがに停めないが1本挟んだ路地裏は全て駐車スペースになる。車取得の際、車庫証明など無いのだろう。交差点内でも駐車してしまう。とにかく駐車場もほとんど無い。道路整備が追いつく前に車社会になってしまった。

 

これは釜山で撮影したのだが車2重に駐車している。信号待ちでは無い。車の中に人は居ない。奥の車が出る場合はフロントに自分の携帯番号が貼られているので動かしたい車の持ち主に電話してどけてもらうようだ。番号が無ければ諦めるしか無い。

メインの道路は場所により片道4車線だったりと大きいがそれでも渋滞もある。狭い土地に車が多い。




車検制度

車検時期は日本とほぼ同じ、新車3年その後2年更新。しかし車検代は日本円で2000円~5000円。
検査時間は約10分程度。手抜きじゃねぇ?嘘だろーって思う。これが現実。

 

原付バイク

5年前からやっと登録制になったがいまだにナンバーが無い状態で走ってます。
当然無保険無登録だと思われます。事故ったらどうするんだ?
ノーヘルや2人乗りは当たり前。いずれも取締る法律は無く止められる事はありません。
警察が止めるのは飲酒検問位かな。
これって本当に大丈夫ですか?って思います。自己責任の世界です。




電車・タクシー・バス

運賃が安い。電車は時間帯によって金額が違うことに驚いた。先日、天安牙山駅から釜山駅へ出かけたとき。行きがKRW25000、帰りがKRW39500だった。時間帯で金額が変わるようだ。

タクシーは年式の新しいものが多い。運賃が安いので観光では頻繁に使っている。30分程度走ると日本なら20km位走り5千円以上はかかるが韓国ではKRW13,000(1300円)前後で行ける。ガソリン代は日本と変わりない。採算が取れているのか心配になるくらい安い。話によると国から補助が出てるような話をよく聞く。定かでは無いが排気量が大きい車に乗って燃費が悪く税金が高かったら維持出来ないしタクシーも成り立たないと思う。

バスは私は観光ではあまり使っていない。市内は一律日本円で140円って感じです。電子マネーみたいのが多いです。現金で支払うのも出来ますが運転手にめんどくさがれます。料金も現金は適当です。日本じゃ考えられませんがね・・。

 


このページの上に移動

1 Trackback / Pingback

  1. 迎えに来てほしくない車 – 自由な旅人

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください